二人展Ⅱ
d0165298_1122357.jpg

聖路加ギャラリーまで<二人展Ⅱ>を観に行って来ました。
北條順子さんと内藤有実子さんの展示です。おふたりとも同じ工房に通う先輩たちです。

北條さんは実際に目にした風景などをいつも描いているので、作品を見ると「あっ旅行行ったのかな?」とか「スイミング通ってるのかな?」とかすぐ実生活が分かります。笑 今日も作品を見ながら「絵日記だね」なんて話をされてました。ムンクみたいだな。

かたや内藤さんはイラストのお仕事もされているせいか人間も動物もキャラクターがあるように擬人化されているような雰囲気。シャルボネのインクの色がより奇麗に見えるような微妙な油膜や透明水彩の手着彩が、ソフトグランドの素朴な線をちょっとだけピリッと引き締めていました。銅版画は通常ちょっと色が沈んでるから、清色が映えます。
作品と一緒に置いてあった自費出版本のアクリル画、素敵だったなぁ〜。シリーズとしてまとまってる作品がいくつもあって、これまた迸るエネルギーを感じずにはいられない。

今日はラストの日で日曜日だったので病院ではギャラリーは少なめ。額ごと売れた作品はそのままお持ち帰り、だったようでキャプションのみの作品がありました!荷物少なく帰りたいですものね。

写真は家から見えた空の切り取り。
[PR]
by orangewords | 2010-09-05 23:11 | アート雑記 | Comments(0)
<< バカンスー男の休暇 itoken trio 6da... >>