「つずれおり」アンドーヒロミ展
d0165298_2341244.jpg

<「つずれおり」アンドーヒロミ展>を見にHBギャラリーへ行って来ました。

アンドーさんは工房仲間で、いつもちょっと変った展示の仕方をしていて、そしていつも少しずつ違ったことをしています。天然なのかいつも何かしら考えがあるのか…?は謎。でも作風にあってるので良いです。

装丁のお仕事で制作された作品や前からある作品を色を変えて刷ったりした新作も。いつも展示によってカラーにも統一感があるのです。色選びも素敵です。
大きなモチーフがどーん、どーんとレイアウトされているので、潔さとかごろっとした存在感があって気楽に見られるかも。

たとえアンティークっぽいモチーフを描いても、なぜか秋冬じゃないイメージなんですよね。春夏の絵。

もっと長居して色々お話聞きたかったのですが、ちょっと制作スケジュールが追いついてないので足早に引き上げてしまわねばならず、残念。
[PR]
by orangewords | 2011-04-17 23:05 | アート雑記 | Comments(0)
<< マメフェス2011・もうすぐ 都市の幻影 >>