石城日記の舞台を歩く
d0165298_19485895.jpg

幕末の忍藩に実在した尾崎石城さんの絵日記<石城日記>の舞台を歩くマップを作りました。文末にダウンロード出来るようにアップしてあります。忍藩=現在の埼玉県行田市では、5月にNPO足袋蔵ネットワーク主催の<蔵めぐり町歩き2013>が開催されます。せっかく行田にお越しの方も多いでしょうからこの機に石城さんの歩いた町としても散策してみてはいかがでしょう?
散策マップはまだ製作途中なので、今後ゆっくりこの記事を充実させていこうと思います。




ここでは石城さんの住まいが近くにあったと思われる(1)大蔵寺の位置を確認した上で、石城さんが居合い稽古をしに行っていた下町の(2)長徳寺〜大蔵寺への帰り道をたどっています。

(1)大蔵寺/だいぞうじ
まずは駒形へ。石城さんちの近所にあり、よく「遊ひ」に行っていた大蔵寺はいまもまだ残っています。あまり沢山のお墓(檀家?)はないそうですが、母の友人の話では殿様級(?)のご立派な系譜の方のお墓があるんだとか。ここが石城さんの起点ですね。
また金毘羅のあった場所には遍照院が建っています。写真右が大蔵寺入り口、左が遍照院入り口です。
d0165298_19495992.jpg


(2)長徳寺
篤雲和尚の長徳寺は今は残っていませんが、長徳寺跡の石碑が愛宕神社の境内に建っています。この辺りまで石城さんは居合い稽古しに来て、その帰りに大利楼というお店でお酒を飲んで帰ったのですねぇ。
d0165298_19502681.jpg


(3)本町通り、125号
石城さんがよく飲みに行った大利楼は、長徳寺での居合い稽古の帰りに寄るくらいだからそこからほど近い町人街=125号の通る行田本町あたりにあったのかな?と推測されます。本町通りは昔からある道のようなので、石城さんはまさにこの道をぶらついていたことでしょう。
d0165298_1951034.jpg


(4)新町通り(あらまちどおり)
本町から大蔵寺の方へ帰ってくるには、今でいう新町通りをずーっと歩いて来てる可能性が高いんじゃないかな?あるいは途中まで八幡宮の前の道を歩いてからの新町通りではないかな?と思われます。
d0165298_19504733.jpg


(5)清善寺
新町通りの丁字路をちょっと入ったところに清善寺はあります。「のぼうの城」の時代にはすでにあったお寺。石城さんは清善寺での宴会にも参加してました。近くには小さな川が流れていたようで、橋の名残を見ることが出来ます。こんなに小さな橋だけど、これを作って現代に残そうと思った方ってなんかすごい。何気なく残っていると嬉しいです。
d0165298_195162.jpg

d0165298_19511611.jpg


(6)JR行田駅前の道(南大通り)
新町通りを真っすぐ南下すると水城公園に直結している天満宮(佐間天神社)があり、そのすぐ先の(のぼうの城でお馴染み)高源寺の丁字路を右(西)に曲がると大蔵寺のある駒形方面です。この道沿いには下級武士の住まいがあったとされるので、石城さんはここをまっすぐ歩いて帰ってきたのでしょうか?(この丁字路はJR行田駅からまっすぐ繋がる道で、つい何年か前に南大通りと繋げて十字路になりました。)この道沿いには水路のようなものがあるし、酔っぱらって足を踏み外すとしたらこの辺り?


(7)水城公園/すいじょうこうえん
忍城のお堀のような沼の跡の一部が公園になっていて、犬の散歩や釣り人の憩いの場となっています。春の桜とつつじ、初夏の古代蓮、晩夏のホテイアオイ、秋の銀杏並木などなど見所満載です。余談ですがゼリーフライのスタンド<駒形屋>があるのも水城公園です。ゼリーフライといったら駒形屋なのです!
石城さんがどこかで呑んだ帰りにこの辺りを寄り道したらすぐ足を滑らせたことでしょうね~。沼っぽい雰囲気がいまだに残っています。


(8)東照宮
石城さんは東照宮の祝い日に妹の邦と一緒にちらし寿司を作っていました。明治7年まで下荒井の進脩館の向かい側にありました。今では移転して忍城址の125号を挟んだ北側にあり、大晦日の夜からお正月には初詣客で賑わっています。
(*2013.5.19に書き変えました)
d0165298_19515362.jpg


(9)培根堂跡/ばいこんどう
石城さんが忍藩にいた最後の頃に教頭先生をした藩校<培根堂>。石碑は中央小学校の前庭の隅っこ、門の内側左に建っています。行田の町なかにはこうした石碑があちこち建っているのですが、住んでいるとほぼスルーです。読んでいるようで読んでいない…。前庭なんてほぼ一年生しか遊ばないので漢字読めない…。でもこうして大人になってから改めて見て回ってみると面白いですね。大人だから行きにくい場所とか制約が出来るのもある意味面白いです。
d0165298_19515070.jpg


(10)忍城今昔地図
この地図看板は忍城から市役所へつづく歴史小径にあります。この地図を印刷したものが忍城の中で安く販売されてるそうです。今度買って来ようかな。
d0165298_19515882.jpg


●石城日記探訪MAP作りました→【ダウンロード】

d0165298_19593545.jpg
[PR]
by orangewords | 2013-05-08 20:00 | 石城日記グッズ | Comments(4)
Commented by まっつん at 2014-06-27 11:41 x
はじめまして

最近、石城日記に出会いまして、今正にぞっこん惚れ込み中♪
7月の文化展では、里帰りした石城さんに出会えるので、今からわくわくしています。月末の浮き城祭りも行く予定。

彼の足跡をたどる街めぐりを計画していたおり、こちらのサイトに出会いました。マップもあって、ありがたいです。

着物好きでもあるので、石城さんを懐古して木綿夏着物で参ります。
上州箕郷町(箕輪城の)出身なので、行田は通過するだけでした。
こんな近場にと、今更ながらの江戸時代地方文化のあれこれに感嘆しています。

本当に面白くて楽しくて、ほのぼのしていて、でもいろんな人生の喜怒哀楽が描きこまれた稀有な日記。残っていた事、そして保管され、公開されていることに感謝した次第。
慶応義塾大学の資料室柳田様ともメールのやり取りをしまして、さらなる読み込みをと思っているところです。

同じ散策を既に実行していた方がおられた、そのこともうれしいことでした。

それでは
Commented by orangewords at 2014-07-03 00:24
コメントどうもありがとうございます。「7月の文化展」て行田市郷土博物館での「忍藩士の文化」展のことでしょうか?わたしも楽しみです。
http://www.city.gyoda.lg.jp/41/06/11/kyoiku/iinkai/sisetu/moyosimono/index.html

私は地元なもので散策マップを制作しましたが、お役に立てましたら嬉しいです。

今では清善寺前の丁字路の信号を南下したすぐのところに、足袋蔵を改装したお蕎麦屋さんが新装開店しています。
http://www.soba-and.com/

7月でしたら行田は古代蓮も見頃なので機会がありましたらぜひ。http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/ 石城さんの頃はまだ土中で眠ってましたが、色んな蓮が見られるのでこの時期おすすめです。

暑いので熱中症に気をつけて散策を楽しんでくださいね!
Commented by まっつん at 2014-07-03 17:37 x
返信ありがとうございます。

あれから、友人や知人にもこの日記のあれこれを吹聴しまして♪
文化展の当日は、友人との二人連れとあいなりました。
わたしは講演会にも参加です。

忍書房に立ち寄って、大岡氏の本を購入してブックカバーを付けて貰い、ついでに絵日記てぬぐいも購入しようと計画。

その前に、こちらのマップを拡大コピー。ありがとうございます。
慶応の古文書資料室から絵日記を拡大コピーして、自分用の冊子を作る予定でもあります。個人用なら著作権云々もないですよね。

こんな人々の交流、現代日本じゃなかなか。。
既に日本人の素地が違っていると、都会暮らしでは毎日感じています。悲しい現実です。

江戸時代へタイムトリップ☆楽しみです。

PS:講演会に参加予定ありますか?
もしそうでしたら、着物の小柄なおばさんが一人でいると思うので、気が向いたら声を掛けて下さい。お世話になったお礼を申し上げたいので。

熱中症等のお気遣い、ありがとうございます。
用意万端整えて、楽しんで参ります。
Commented by orangewords at 2014-07-05 12:47
ぜひぜひ忍書房さんお立ち寄りください。忍城から近いです。
講演会へは私も参加予定なのですが、届くはずの案内がまだ届かず…これからでしょうか。行っても良いものか心配になりますね。

行田は木陰や日陰が少なく、本当に暑いのですよ。照り返しもすごいです〜
<< 版画フォーラム2013 搬入 ステッカーサンプル >>