在廊予定:億光年のドライヴ
d0165298_01435602.jpg
やっと展示会場へ行くことが出来ました。遅い時間はゆっくり見られて狙い目ですね。展示を見る分にはインスタレーションが一番好きなので、今日は偶然在廊されていた土居さんとお会い出来て、写真も撮影してもらえてとっても嬉しかったです。

展示は残すところあと4日。わたしは18日(金)13時〜15時頃、21日(月祝)18時〜おります。

西荻窪はおいしそうなお店がたくさんあって、夜になるとお店がにぎわっているのが外からよく分かります。ウレシカさんへ向かう途中のお惣菜やさんやお肉やさん魚屋さんにもお客さんの買い物姿があって、人の集まる良い町です。ぜひ散策も楽しんでくださいね。

--------
「億光年のドライヴ」展
2016年 3月10日(木)~3月21日(月祝)
15日(火)休み open:12時~20時

12名のアーティストによる宇宙をテーマにしたグループ展。
平面、立体、音楽、インスタレーション、様々なかたちで“宇宙”を表現します。
12名の作品やコンセプトビジュアルなどを収録した小冊子も発行発売。

【参加作家】
石橋美和子、落合有紀、柏木のりこ、下鶴 俊輔、白石衆、只隈亜由美、土居大記、永島幸子、NIL、野森茜、葉子円、濱中大作

「億光年のドライヴ」 平面、立体、音楽、インスタレーション等で表現される12人の宇宙観。それはこの時空に積み込まれた新たなるエンジン 衆目に晒されたイマジネーションは視線に耐え切れず熱崩壊を起こす その余波で冷え切った可能性はパルサーみたいにキリキリと回りながら裂け砕け そこから暗黒物質だって写っちゃう程のピカピカした新物質が流れ出す それでニュートリノですらその流線型に沿って流れちゃう程の綺麗な車体を鍛え上げる それを引っ被って訳も分からず走り出し クサクサした古い銀河を億光年の彼方へ置き去って 世間も次元も超えて疾走する

企画:濱中大作+URESICA

[PR]
by orangewords | 2016-03-17 23:59 | 銅版画制作 | Comments(0)
<< 永島幸子 銅版画展(2016) 「億光年のドライヴ」明日から! >>