マメ版画で遊ぶ展覧会<マメ版画まつり>
d0165298_23321109.jpg

緑と空気がおいしい丹沢方面で久しぶりに<マメ版画まつり>が開催されます。今回も沢山の作家の作品が集まります。私も少しですが、そして結局旧作ですが、出品します。
思えば前回(初回)の<マメ版画まつり>は私がまだ銅版画での展示に参加し始めて間もない時期で、それが3度目のグループ展でした。
そんな時期に震災があり、春の行楽シーズンもなんとなく世間は自粛ムード…。しかし私は遠足気分で<マメフェス(マメ版画まつり)>のため秦野と弦巻温泉へ…。
とっても気分転換になった一日でした。

あれから早6年。当時出品した作品も送ります。一番新しいのは昨年の作品です。
この6年の間に、いつの間にやら藍染めの天然灰汁醗酵建と管理が出来るひとになって、しばらく版から遠のいてしまっていました。

そういうわけで、久しぶりの版画展となります。
ぜひ緑溢れる秦野へお出かけください。
会場はレストランに併設されたギャラリースペースです。

------------------

マメ版画で遊ぶ展覧会<マメ版画まつり>


2017年5月1日(月)〜31日(水)
12時〜22時 火曜定休 *5/2火 開廊、5/17 休廊

会場:ぶらっすりー千元屋
神奈川県秦野市曲松2-7-7
tel.0463-88-7117

小田急線渋沢駅南口より徒歩3分(新宿より1時間10分くらい)

*個室ギャラリーとダイニングルーム壁面に展示。
お食事をしなくても気軽にご覧いただけます。

同時開催:アーティストが作るBag展

参加作家一覧:
〔 参加作家 〕
蛙月庵 阿部真弓 有川明恵 ありかわりか アントニオ増山 板倉知恵 いたる
一橋美智子 伊津野果地 伊藤亜砂 稲葉其泰 井上美智子 岩谷希未 上杉雅臣
植村美子代 宇田川新聞 えもときよひこ 大羽りゑ おおらいえみこ
オーライタロー 岡村敬子 岡本光弘 小木周一 尾田美樹 小田善郎 柿﨑かずみ
片岡好 金沢順子 かなる 神松幸代 川本洋子 工藤美和子 小清水量造
小松正美 小山よしえ 権藤凱暁 今野規子 酒井政保 さかたきよこ 櫻田祐理
佐々木茜 佐竹広弥 佐藤ゆかり 塩崎淳子 重藤裕子 篠原晴美 志村のどか
白木ゆり 白鳥勲 杉本高史 関雅治 相馬佳奈 たあつこ=かおり 高橋未歩
竹村健 タダジュン 多田敏子 田中芽衣子 田沼利規 丹野恵理子 千川裕子
富田惠子 永井桃子 永島幸子 中村まふね ヌコラリス ノボルス 濱中大作
浜西勝則 早川純子 林美香誇 東マユミ 秘月 フェルミーゼ 藤原眞知子
宝珠光寿 保坂優子 堀悦子 MAYA 牧嶋成仁 松永ゆかり 松本里美
三上明美 溝上幾久子 みなみじゅんこ 宮沢俊司 宮沢ゆかり 宮島亜紀
村松尚平 森山有美子 安田みつえ 矢部礼子 山下芙美子 山下真穂
山本佳奈枝 やまもとみさほ 結城泰介 米岡節子 米倉泉 Reena

[PR]
# by orangewords | 2017-04-19 23:27 | お知らせ | Comments(0)
花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼
d0165298_22381764.jpg

世田谷美術館へ<花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼>を観に行ってきた。

時間がなかったので1時間だけ。以前<世田谷文学館>で観た花森さんの展示も良かった。記憶に新しいのに、2006年の展示だったらしい。大体そのときと同じような内容なのだけど、今回はもうすこし花森さん自身のことにも触れられていた気がします。


今回改めて感じたのは、その時代を生きる人のために雑誌を作っていたんだと。当時は新しいものも多くて、急に増えた家電製品は高価なのにどれを買ったら良いか分からない。ともすれば高価なだけで品質の悪いものを掴まされてしまうような時代。消費者が泣き寝入りしないようにどの商品が良いか試してくれた。

そして暮らしを工夫次第で明るくするために、素人でも簡単にかわいく作れる洋服の作り方<直線断ち>を考えた。どうしたら人(とくに女性)の暮らしが楽になって自分の時間を作れるかを考えていたのが伝わる。

そして、自分の命の期限を感じられたとき、あの<一銭五厘の旗>など、戦争の後に生まれたひとたちへ戦争の記憶を残して繋ぐことに使命感もって取り組んで、そして生涯を終えた。


今だったらなにを特集するだろう?

いまは割となんでも値段なり。時代が一周回ったように、色んなものが増えて、安くなって、モノで溢れ返っているのになぜか貧しい、ちょっと変な今の時代。

洋服は安いものもたくさん売っているけれど、ちょっといびつでも自分がデザイナーになりたい今の時代。


今から思うと20年前、専門学校の先生が「いまは10人に1人が障害者だ」と言っていた。先生も障害者手帳を持っていた。あまり外で会わないかもしれないから、実感ないかもしれないけれど、杖を付いたり、車椅子で出掛けるにはまだ不便を感じる世界だった。

それから20年。いまは高齢者が増えたことでさらに障害者といえる人は増えたと思う。それも高齢が理由なので思ってもみない方向に増えたかもしれない。認知症などの本人がどうしようもないことだ。

そしてもうひとつ。今は子供6人にひとりが貧困だという。(←昨日のカンブリア宮殿)


こんな世界、こんな時代に花森さんは何をするかな。


余談だけど今回初めて花森さんのポニーテール姿も写真で拝見することが出来ました。


[PR]
# by orangewords | 2017-03-31 22:40 | アート雑記 | Comments(0)
地元でがんばるということ
d0165298_13303528.jpg
写真は2006年2月9日付のブログ(旧ブログ)にアップしたもの。熊谷市にOPENしたリラクゼーションサロンYellさんのOPEN前の写真撮影の日の様子です。真ん中の右がわたし、左が設計士の伊藤裕子さん。鏡に向かって自撮りした写真です。

お世話になっていた設計士の伊藤裕子さんが8月に亡くなられ、ひと月半以上の日が経過しました。
入退院を繰り返されていることは知っていました。亡くなられる10日程前に、ふと伊藤さんを思い、もし伊藤さんともう会えなくなるとしたら、何をしてあげられるかな?と夫に話したばかりでした。

訃報に触れたことで、伊藤さんが一番喜んでくれそうな答えが分かったものの、私にはまだまだ力不足で。それは今じゃなくても、将来でも無理かもしれない。でも少しずつ、些細なことでも、いつまであるか分からない限りある時間の中で応えていけたらと思っています。

写真のYellさんとほぼ同時期に動いていたのが「熊谷アート&キッチン」という空き店舗を活用したコミュニティスペースづくりでした。その頃だったか…または別の機会だったかは思い出せないのですが、私の旧ブログに伊藤さんからコメントいただき、伊藤さんの「生まれ育った場所ではないけれど、結婚して子育てして過ごしている熊谷でがんばる」という思いときっかけを教えてくれたことがありました。

ちょうどそのときと同じ話題の内容が2015年の伊藤さんのブログにも掲載されています。
http://itoyuko.cocolog-nifty.com/ureshiikurashi/2015/05/kumagaya-cea5.html

(上記ブログ記事から一部抜粋)
『若かったころ、参加したセミナーで、今は亡き、AAスクールの校長先生、アルヴィン・ヴォヤスキー先生が、「今住んでいる場所で頑張りなさい」と、おっしゃいました。』

いつか、行田市でのコミュニティスペースづくりにも加わっていただきたいなぁと密かに期待をしていました。

才能も人柄も素敵でした。写真で見るより、実際お会いしたときや想像の中のほうが優しいお顔をされていました。
わたしの力不足が将来的に改善されるか分かりませんが、せめて気持ちだけはまっすぐでいたい。いまはそう思います。

[PR]
# by orangewords | 2016-10-05 14:17 | ぼそっと | Comments(0)
作家Zakka百貨展 vol.5「吉*キチ*BANG!BANG!」終了しました
d0165298_23281721.jpg
大田区大森、Gallery FIRSTLIGHTさんでの作家Zakka百貨展 vol.5「吉*キチ*BANG!BANG!」今年も賑やかに終了しました。お越しいただいた皆様、気にかけていただいていた皆様、どうもありがとうございました。連日たくさんの方にお越しいただき楽しく過ごすことができました。

毎回思いますが…、いろんな身になることが得られて有り難いなぁと思います。一緒に出品している作家さんたちの腑に落ちる考え方に触れたり、再確認したり。ひととして尊敬できるみなさんとご一緒出来ていつも得難い時間を過ごさせていただいてます。Zakka展に限ったことではないけれど、でもどこかZakka展で色濃くかんじるのはきっと「作品」と「品物」の違いがあるからかもしれません。

[PR]
# by orangewords | 2016-09-01 23:49 | その他制作 | Comments(0)
作家Zakka百貨展vol.5「吉*キチ*BANG!BANG!」8/21〜31
d0165298_22543968.jpg
年に一度開催している雑貨展が明日からいつもの大森にてスタートします。私は毎年何かしら藍染め品を出品していましたが、今年は牧禎舎での藍染めに携わる時間が長くなったこともあり、すべて牧禎舎 藍染体験工房のものを出品しています。ところどころ手描きや紙版画を交えたり…。

今回のテーマは「吉(キチ)なるもの」。縁起の良い意味の「吉」、とにかく好きなものという意味の「キチ」。大雑把にいうと作り手や使い手がハッピーな気分になれるものを中心に揃っています。
日曜日は牧禎舎の開館日につき会場にはおりませんが、土曜日はおりますのでぜひお越し下さい。

--------------------------

作家Zakka百貨展 vol.5「吉*キチ*BANG!BANG!」

2016年8月21日(日)〜31日(水)
11時〜18時半 *最終日16時まで *木曜休廊

Gallery FIRST LIGHT
143-0016 大田区大森北1-14-4(鷲神社となり)
JR京浜東北線 大森駅 東口より徒歩5分
tel.03-5753-7331

<参加作家>
蛙月庵、石原実、おおらいえみこ、喜多村素子、三階朝子、タナベアツ子、田辺直美、田村智美、時任亜矢子、中井絵津子、永島幸子、橋本尚美、みずのよしえ、松本里美、まなかふみこ、岬真南、ひであつ、山下健一郎、山田奈乙介、渡邉朋子、かご雑貨shiny circle やまたかすみこ(順不同)

[PR]
# by orangewords | 2016-08-20 23:02 | お知らせ | Comments(0)
個展無事終えました
d0165298_01280663.jpg
6/5(日)、銀座 OギャラリーUP・Sでの「永島幸子 銅版画展」無事日程を終えることが出来ました。お越しいただいた沢山の皆様、どうもありがとうございました。また気にかけてくださった皆様もどうもありがとうございました。
私の周囲にはコンスタントに個展を開く作家がほとんどなので、みんなの仕事ぶりや精神力には本当に頭が下がります。当たり前のように身近で制作などを見てきましたが、改めて、みんなすごい!!

4年振り、二度目の個展を終え、せっかくなので元気よく行きたいところですが…「出来ることしか出来ないの」と改めて思った個展でした。また展示が始まると、自分の作品なんてどうでもよくなるのを感じました。皆さんからの感想や表現が面白くて…。そんな皆さんの姿をこちらが楽しませていただいてるような気分。これは以前から自分の中でぼんやりと思っていたことが少し体感できたのかもと思えました。そうなると、私も見る力を養いたい!と思うことが多々あり、美術館やギャラリーに行ったり、制作したりしたくなりました。

作品数は予定よりも少なくなってしまいましたが、結果的にはちょうど良いサイズ感と点数だったかもしれません。
グループ展などでは埋もれてしまうような作品をひとつひとつ丁寧にご覧いただけることができて嬉しかったです。

なかなか忙しなく、これを書きつつ少しだけ個展を振り返っています。ご住所をいただいた方には順次お礼状をお送りさせていただきます。もうしばらくお待ちください。どうもありがとうございました。

[PR]
# by orangewords | 2016-06-09 01:58 | 銅版画制作 | Comments(0)
永島幸子 銅版画展(2016)
d0165298_13283850.jpg

4年ぶりに銅版画の個展を開くことにしました。正直この4年はいつもに増して寡作なので一ヶ月切ろうとするこの時期に不安ばかり募るのですが、少ない時間のなかで出来る限り版画と向き合えたらと思っています。ご来廊お待ちしております。

-------------------

永島幸子 銅版画展

2016.5.30mon-6.5sun
12時〜20時 *最終日は11時〜15時

会場:Oギャラリー UP・S
104-0061 中央区銀座1-4-9 第一田村ビル 3F
tel. 03-3567-7772


[PR]
# by orangewords | 2016-04-28 13:43 | お知らせ | Comments(0)
在廊予定:億光年のドライヴ
d0165298_01435602.jpg
やっと展示会場へ行くことが出来ました。遅い時間はゆっくり見られて狙い目ですね。展示を見る分にはインスタレーションが一番好きなので、今日は偶然在廊されていた土居さんとお会い出来て、写真も撮影してもらえてとっても嬉しかったです。

展示は残すところあと4日。わたしは18日(金)13時〜15時頃、21日(月祝)18時〜おります。

西荻窪はおいしそうなお店がたくさんあって、夜になるとお店がにぎわっているのが外からよく分かります。ウレシカさんへ向かう途中のお惣菜やさんやお肉やさん魚屋さんにもお客さんの買い物姿があって、人の集まる良い町です。ぜひ散策も楽しんでくださいね。

--------
「億光年のドライヴ」展
2016年 3月10日(木)~3月21日(月祝)
15日(火)休み open:12時~20時

12名のアーティストによる宇宙をテーマにしたグループ展。
平面、立体、音楽、インスタレーション、様々なかたちで“宇宙”を表現します。
12名の作品やコンセプトビジュアルなどを収録した小冊子も発行発売。

【参加作家】
石橋美和子、落合有紀、柏木のりこ、下鶴 俊輔、白石衆、只隈亜由美、土居大記、永島幸子、NIL、野森茜、葉子円、濱中大作

「億光年のドライヴ」 平面、立体、音楽、インスタレーション等で表現される12人の宇宙観。それはこの時空に積み込まれた新たなるエンジン 衆目に晒されたイマジネーションは視線に耐え切れず熱崩壊を起こす その余波で冷え切った可能性はパルサーみたいにキリキリと回りながら裂け砕け そこから暗黒物質だって写っちゃう程のピカピカした新物質が流れ出す それでニュートリノですらその流線型に沿って流れちゃう程の綺麗な車体を鍛え上げる それを引っ被って訳も分からず走り出し クサクサした古い銀河を億光年の彼方へ置き去って 世間も次元も超えて疾走する

企画:濱中大作+URESICA

[PR]
# by orangewords | 2016-03-17 23:59 | 銅版画制作 | Comments(0)
「億光年のドライヴ」明日から!
d0165298_17590675.jpg

西荻窪ウレシカさんでの<億光年のドライヴ>、本日搬入でした。展示は明日12時からです。
ウレシカさんは夜8時まで営業されているのでお仕事帰りや用事の終わったあとにでもお立ち寄りください。駅前からしばらくの間、お店の手前あたりまでアーケードが続いているので雨降りのストレスも軽減されますよー。

会期中、13日(日)と20日(日)の夕方以降に濱中大作さん制作のアニメーション上映があり、20日(日)は土居大記さんのパフォーマンスを予定しています。詳しくはウレシカさんのツイッターなどをチェックしてみてください。
--------
「億光年のドライヴ」展
2016年 3月10日(木)~3月21日(月祝)
15日(火)休み open:12時~20時

12名のアーティストによる宇宙をテーマにしたグループ展。
平面、立体、音楽、インスタレーション、様々なかたちで“宇宙”を表現します。
12名の作品やコンセプトビジュアルなどを収録した小冊子も発行発売。

【参加作家】
石橋美和子、落合有紀、柏木のりこ、下鶴 俊輔、白石衆、只隈亜由美、土居大記、永島幸子、NIL、野森茜、葉子円、濱中大作

「億光年のドライヴ」 平面、立体、音楽、インスタレーション等で表現される12人の宇宙観。それはこの時空に積み込まれた新たなるエンジン 衆目に晒されたイマジネーションは視線に耐え切れず熱崩壊を起こす その余波で冷え切った可能性はパルサーみたいにキリキリと回りながら裂け砕け そこから暗黒物質だって写っちゃう程のピカピカした新物質が流れ出す それでニュートリノですらその流線型に沿って流れちゃう程の綺麗な車体を鍛え上げる それを引っ被って訳も分からず走り出し クサクサした古い銀河を億光年の彼方へ置き去って 世間も次元も超えて疾走する

企画:濱中大作+URESICA

[PR]
# by orangewords | 2016-03-09 18:07 | 銅版画制作 | Comments(0)
「億光年のドライヴ」展
d0165298_11562254.jpg

久しぶりにグループ展へ出品しています。作品は少ないですが全部新作です。絵本店のウレシカさんは1Fがお店、2Fがギャラリーになっています。在廊予定はまだ分かりませんが、13(日)と最終日の21(月祝)にはいる予定です。21日は夕方以降の遅い時間になると思います。
ぜひご覧下さい。よろしくお願いします。

------------------

「億光年のドライヴ」展
2016年 3月10日(木)~3月21日(月祝)
15日(火)休み open:12時~20時

12名のアーティストによる宇宙をテーマにしたグループ展。
平面、立体、音楽、インスタレーション、様々なかたちで“宇宙”を表現します。
12名の作品やコンセプトビジュアルなどを収録した小冊子も発行発売。

【参加作家】
石橋美和子、落合有紀、柏木のりこ、下鶴 俊輔、白石衆、只隈亜由美、土居大記、永島幸子、NIL、野森茜、葉子円、濱中大作

「億光年のドライヴ」 平面、立体、音楽、インスタレーション等で表現される12人の宇宙観。それはこの時空に積み込まれた新たなるエンジン 衆目に晒されたイマジネーションは視線に耐え切れず熱崩壊を起こす その余波で冷え切った可能性はパルサーみたいにキリキリと回りながら裂け砕け そこから暗黒物質だって写っちゃう程のピカピカした新物質が流れ出す それでニュートリノですらその流線型に沿って流れちゃう程の綺麗な車体を鍛え上げる それを引っ被って訳も分からず走り出し クサクサした古い銀河を億光年の彼方へ置き去って 世間も次元も超えて疾走する

企画:濱中大作+URESICA

[PR]
# by orangewords | 2016-03-07 12:03 | お知らせ | Comments(0)