<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ボローニャ国際絵本原画展
d0165298_1535492.jpg

先日、板橋区立美術館へ<2010イタリア・ボローニャ国際絵本原画展>を観に行って来ました。

ここ何年か続けて観に行っているんですが、年々「ん〜?」と思うものはあったけど今年は何がと言われても分からないけどなんだか雰囲気違う。
何年か前に見たような「たのしい」かんじが少なかったのかも。どんどん大人のための絵本になっているというか、作家が自分のために描いているような、子供のためとか絵だけで楽しめるものから変ってきたようなかんじが…あるのかな?

個人的には毎年誰かしらのメゾチント作品を見るのを楽しみにしていたんですが、今年はひとりもいなかったー。だからか?→いつもと違うかんじ。
でも銅版画はいましたよ。エッチングが多かったです。石田衣良さんの本の挿絵をされていた長野順子さんの作品もありました。緻密です…。すごい!

More
[PR]
by orangewords | 2010-07-30 15:40 | アート雑記 | Comments(0)
野中光正展
d0165298_19373940.jpg

昨日は久しぶりに目白のポポタムへ行って来ました。
来年行う展示のための撮影のロケハンです。DM用の写真なのですが…自宅でもなく近所のその辺というわけでもないので撮り直しが出来ない!と思うと不安いっぱいです。なんとなるといいなぁー。まぁなんとかならないときは、それでなんとかしちゃうしかない。

この日は展示の初日でもあって、開店時間前の店内ではポポタムのO林さんが店内での陶芸展<廣谷ゆかり展>のキャプション作業をされてました。こういうこともショップのお仕事なんですね。

店内奥にあるギャラリーでは<野中光正展>木版画とドローイングの展示。モダンな作品で、かなり前の作品から近頃のものまでありました。野中さんもいらして、一緒にバームクーヘン頂いてきました。おいしかったです。

物販として試刷り等の端切れで作った栞やポストカード等があって、わたしはポチ袋を思わず購入。きれいです。早く使いたいなぁ。

8/1にはイベントとして野中さんと廣谷さんの味のある素敵な仕事場の様子をスライドショーするそうです。木版も陶芸も道具と場所が絵になるものね。
[PR]
by orangewords | 2010-07-29 19:38 | アート雑記 | Comments(0)
"渇望"/銅版画
d0165298_1265719.jpg



More
[PR]
by orangewords | 2010-07-26 12:10 | 作品 | Comments(0)
行田ツアー2010・2日目
d0165298_18395588.jpg

●2日目
古代蓮の里忠次郎蔵そば店牧禎舎(藍染体験)

久しぶりに朝早くの蓮を見る為に、朝6時半すぎに出掛けました。古代蓮の里です。

蓮は朝咲いて昼すぎには徐々に閉じるため、朝方鑑賞するのが良いと言われていますが、意外と昼でも咲いてるものは咲いてるのです。ただ人間が暑くて外に居られない!熱射病・日射病になっちゃうよ!
9時以降の行田をなめることなかれ。お年寄りとか無理だから。なんだかんだ広いので結構歩くし。

More
[PR]
by orangewords | 2010-07-23 18:42 | ぶらり | Comments(0)
行田ツアー2010・1日目
d0165298_15331264.jpg

この2日、地元行田巡りして来ました。
大体のルートはこんなかんじ。(車です)

●1日目
古沢商店(フライ屋さん)→カフェ閑居将軍山古墳
→さきたま史跡の博物館
前玉神社


近頃<B級グルメ>という言葉が流行っていますが埼玉県行田市にも昔からそれにあたる食べ物が2つあります。<フライ>と<ゼリーフライ>です。

More
[PR]
by orangewords | 2010-07-22 23:10 | ぶらり | Comments(0)
ネコ/刺繍
d0165298_1530689.jpg



More
[PR]
by orangewords | 2010-07-20 15:32 | 作品 | Comments(0)
田中清代 銅版画展
d0165298_23354397.jpg

田中清代 銅版画展>を見にPinpoint Galleryへ行って来ました。

昨日と同様、田中さんも来年のグループ展にお声をかけている方のひとりです。(正確にはかけてもらってると思ってたと言うべきか…)田中さんともお会い出来て良かった。

今回の個展では学生時代からの作品から現在の絵本用の作品まで作風やモチーフの変遷をたどる展示、ということで色んな技法、色んなサイズ、色んな視点の作品を見る事が出来ました。
基本的にはモノクロの版画が多くて、技法の違いで色んなニュアンスのものがありました。ちゃんと銅板と卓上プレス機などの道具類も一緒に展示されていたので、銅版画を知らない人でもイメージ掴みやすいかも。

田中さんの絵本の読者かな?ちびっこもお父さんと一緒に見に来てました。

それにしても、作家のみなさん、本当にちょくちょく展示をされていてびっくり。すごいなぁ〜。

来年のグループ展もそんなかんじで徐々に動き出しているので、近々その展示用ブログを整えてお知らせしたいと思います。
[PR]
by orangewords | 2010-07-19 23:36 | アート雑記 | Comments(0)
旅の栞 vol.2
d0165298_1012457.jpg

<旅の栞 vol.2>を見に早稲田のCAT'S CRADLEというカフェギャラリーへ行って来ました。

実は来年頭にグループ展を企画していて、その展示に参加予定の正成美雪さん(古本ユニットricca)と阿部真弓さん(活版)のお二人が<旅の栞 vol.2>に出品されているのでした。正成さんは、来年の展示企画を私と一緒に行っている松本里美さんのご友人なのでした。

展示は、riccaの選んだ古本をギャラリースペースだけじゃなくカフェのほうにまでちらほらと置き、小さなギャラリースペースでは活版アーティスト5名による栞と中心とした作品が展示販売されていました。活版のくっきり押されたすっきりとした潔い文字と、オーダーで作られた絵や写真などのオリジナルのものを組み合わせてあって素敵でした。石松あやさんのパンチの効いたヘアの栞かわいかったです。

今回は古本だったけど、活版にも詳しい正成さんから沢山活版の説明を聞けて楽しかった!活版やりたくなってしまいました~。
正成さんは色々されてる「スキマアーティスト」だ、ということを松本さんから聞いてはいたものの、この<旅の栞 vol.2>の間は「壊れた本やアルバムの補修承ります」とそんなこともされている方でした!ほんとに色んなことしておるなぁ。
展示は26日まで。カフェもかわいいですよ。
[PR]
by orangewords | 2010-07-18 23:02 | アート雑記 | Comments(0)
渡辺千尋 回顧展・後期
d0165298_2257116.jpg

前期のエングレーヴィングに続き、<渡辺千尋 回顧展・後期>のメゾチント展示へ行って来ました。

やっぱり代表的なのはエングレーヴィングだからか、メゾに混じって何点かエングレーヴィングも展示されていました。やはりすごい…。

More
[PR]
by orangewords | 2010-07-17 22:53 | アート雑記 | Comments(0)
江戸東京たてもの園・三井八郎右衛門邸
d0165298_012931.jpg

<江戸東京たてもの園>へ行って来ました。
先日鷹の台の松明堂へ行く前についでに寄ってみました。ぐるっとパスにも無料券付いてるしね。

初めて行ったのだけど…楽しかった…。あんまり期待せずに行って、よく見たら移築準備中のところもあってよくTVで映る湯屋の前の通りは工事中風景みたいだったけど、建物内の見学が思いのほかツボでした。
時間の関係で全ては見られなかったから、今度また行く機会あったらたっぷり時間とって行きたいと思います。

今現在建物に上がって中を見学出来る11軒のうち、高橋是清邸、常盤台写真場、三井八郎右衛門邸、小出邸の4軒しか見てこなかったのですが、そのうち三井八郎右衛門邸が独特で面白かったです。

三井財閥の第11代三井八郎右衛門高公氏の邸宅である三井八郎右衛門邸。扉には家紋がくり貫かれ、家中の襖に立派な絵が描かれていて(一部レプリカ)、廊下中の釘に家紋入りの釘隠し、玄関には球体のルネ・ラリックの照明。この照明は当時日本に2つしかなかったラリックのうちの1つだそう。それほどのお金持ち、ということらしい。

でもそれだけならただのお金持ち。どうやら高公さんはちょっと変った方のようです。

More
[PR]
by orangewords | 2010-07-11 23:59 | ぶらり | Comments(0)