<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
クリエイター年賀2011
d0165298_0332054.jpg

今年も参加しています。<クリエイター年賀2011>です。
色んな人の年賀状作品がサイトにUPされ、1デザイン大体1000円くらいでダウンロード出来るというものです。
自由に制作させてもらえるので実験的なものだとか、変った年賀状とかが揃っています。
わたしは昨年同様、刺繍を使った年賀状と、銅版画を元にした年賀状です。今年は明るめ、というか派手?

●クリエイター年賀2011(2010.11.1〜2011.1.31まで予定)
http://www.dex.ne.jp/omedeta/creator/

家庭用のプリンターで全面印刷される方が多いと思うのですが、全面印刷って引き延ばされてしまいません?
四隅までデータが行き届くようにというプリンターの配慮だと思うんですけど、正直ちょっとめんどい機能ですよね!
全面印刷をするときはデータを98%くらい縮小したほうが良いです。それでもちょっと引き延ばされてる状態なのでちゃんとプリントされて出てきます。(*ただ途中でハガキがズレたりするとちょっぴりズレることもあり…)ぜひお試しあれ。
[PR]
by orangewords | 2010-10-31 00:33 | お知らせ | Comments(0)
BOOK METRO準備進んでます
d0165298_23583447.jpg

水面下で着々と進んでます、2011年1月の蔵書票展<Ex libris BOOK METRO>準備。ここ最近はフライヤーとDMの入稿も済み、なんとフライヤーに関してはもうポポタムさんの元に届いています!
でもまだ配布はこれからかな?

今回は初めての印刷所への入稿もあって緊張…。入稿は常々緊張するものですが、加えてこの頃は各印刷所が独自に簡単に分かりやすく…と様々データ作成方法を考慮してくれていて、これまでの印刷のルールみたいなものがあってないようなものになってきてます。慣れた今までのやり方ではなくて、初めての印刷所のときは誰しもよ〜〜く注意書きを読まなきゃなのです。
そんなわけで印刷所から自動配信メールではなくて「入稿受け付けました」のちゃんとしたメールが届くと安堵。

そして各入稿が一段落した…と思ったら、早くも雑誌への情報掲載も決まったり(!)
参加人数が多いので動き出すとなんだか早い!?です。

写真はDMとフライヤー用に使われているゾウの蔵書票。
エイとかカブトガニじゃないですよっ!ゾウの頭です。
[PR]
by orangewords | 2010-10-30 00:02 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(0)
リフレッシュ〜砧公園
d0165298_1673424.jpg

頭をほぐしに近所にある砧公園を散策してきました。
秋らしく色んな木が実を付けていて、こんなところにこんな木が!と新たな発見を味わいました。
たまに土の上を歩いて足裏に柔らかさをかんじるのも、いろんなものがほぐれるなぁ。

これで近くに素敵なカフェでもあったら言う事無し、なのだけど残念ながらこの界隈にはそんなカフェはありません。公園にもそれ以外にも駐車場あるし、春は山のように桜が咲いてるし、穴場カフェが出来てもいいと思うのだけど…。
世田谷美術館へ行っても、フランス料理のちょっと入るには高めのレストランしかないし、おなか空いたら用賀駅まで戻るか公園内の軽食も軽食、スナック的なものしかない。中間が欲しい〜!

写真は木肌にびっしり。コケの森。
[PR]
by orangewords | 2010-10-29 16:08 | ぼそっと | Comments(0)
切手ーふるさと心の風景ー
d0165298_2582452.jpg

切手のデザインは海外のものや古いものを見ると素敵なものが沢山あって良いのですが、
実際に使うとなると選べるものに制限が出てきますよね~。
ここへきて一気に少し前の切手(印刷されてる価格で購入出来る少し古い切手)が手に入りにくくなりました。
昔発行されたものには数に限りがありますからね…復刻して欲しいものです。なんとなく手持ちのものを確認すると90年代までは素敵な趣きのがちらほらあるように感じます。

なかなか新しいデザインの中にはぐっとくるものがなくて困っていて、ある時に買っておいたりするのですが…それも最近品切れ中。
そんな中、ちょっと趣向は違えども、かわいい切手を発見。「ふるさと 心の風景」切手です。

More
[PR]
by orangewords | 2010-10-23 03:00 | 雑貨ほか | Comments(0)
正成美雪展 部屋干し
d0165298_22382023.jpg

来年1月の蔵書票展く<BOOK METRO>に参加していただく正成さんの個展に行って来ました。その名も<部屋干し>。
犬の作品を作っている…と最初にご紹介されて知り合ったので、犬のイメージが強かったのだけどとにかく色んなことをされてる方で今回の個展はどちらかというと平面作品がメインでした。

ギャラリーは初めて伺うポルトリブレ(新宿三丁目)。こんなところにギャラリーが!という場所です。
ギャラリーに入ると、スペースに張り巡らされたてぐすにお手製の針金ハンガーを使ってTシャツが部屋干しされてました。生乾きじゃなくてちゃんと乾いてるので湿気はないです。柔軟剤の香りとか、BGMに洗濯機の音とかあっても楽しいかも。(部屋干しというよりランドリーになっちゃうか?)

ハンガーは脇役なのですが色んな形にしてあって、泡を表現していたり、文字を象っていたり、ポップな印象。Tシャツの柄も泡のもこもこやあの虹色の油膜の感じを作品にしていてキラキラかわいかったです。そう、ここでも<Kawaii>が!

More
[PR]
by orangewords | 2010-10-17 00:05 | アート雑記 | Comments(0)
日向寺 洋子展
d0165298_165424.jpg

同じ工房で銅版画作品を制作されている日向寺さんの個展<日向寺 洋子展>を見にギャラリーハウスMAYAへ行って来ました。
日向寺さんは30年前から粘土の作品を制作されているそうで、今回初めて実物を見ることが出来ました!写真で見ても細か〜いのがよく伝わったのですが、実際見ると更に細かい…。ミニチュアハウスです。質感もこだわっていて、壁や植物やミルクグラスやニットなど…本当にすごい!

それと一緒に並ぶと、銅版画の工程がいかに短いか…いや、本当はそんなことないのだけど、この粘土細工に比べたら日向寺さんにとってはすごく短期間で出来る作品なのでしょうね。

銅版画作品は花と猫のモチーフを中心に。和紙が毛羽だって刷るのが大変そうだった<秋桜>も奇麗な色でした。最後のほうに刷ってた放心しているような猫<悠々>(だったかな?)は粘土細工にも繋がるような質感をもった作品で、猫のやわらかそうな体はほんのり体温も感じられそうでした。
[PR]
by orangewords | 2010-10-16 01:08 | アート雑記 | Comments(0)
Kawaii賞展
d0165298_054882.jpg

EQIP濱やんリーダーのお友達・白石衆さんが参加されてる<Kawaii賞展>を観に行って来ました。
場所は渋谷西武A館催事場。なんだか珍しい場所。渋谷西武は何かイベントやってても率先してサイト見たり西武前などに行かないと情報がない…気がする。もっと電車内とか街中などでこういう展示のポスターを見かけてもいいはずなのに〜。東急のパワーが強いのかな。せっかくなのでPR頑張って欲しい。

渋谷西武全館に渡って<Kawaii>をテーマに洋服やアート作品を展示したりしてるようですが、今回は時間がなかったので<Kawaii賞展>のみ鑑賞。入選者53人の作品が展示されていて、投票形式でグランプリが決まる、というイベントでした。
入選者とあるけど、<Kawaii>とはいえど結構雰囲気が偏ってるような。その中で白石さんの作品は系統が違っていて、ひときわかわいかったです。ペパーミントの水玉の鹿…思わず小脇に抱えてみたくなります。
[PR]
by orangewords | 2010-10-15 23:59 | アート雑記 | Comments(0)
シャガール ロシア・アヴァンギャルドとの出会い
d0165298_13353820.jpg

東京藝術大学大学美術館に<シャガール ロシア・アヴァンギャルドとの出会い>を観に行って来ました。
いつの間にか終了間際!シャガールは好きなので見逃すわけにはいかないのです。

展示は初期のシャガール作品と他のロシア・アヴァンギャルドの画家の作品をかなり交えて展示した後、魔笛、そして後期のシャガールの大きめの作品で構成されていました。欲を言えばもう少しシャガールの割合が多くても良かったかなぁ。
最近の展示で多い<ロシア・アヴァンギャルド>のくくり。今回のもそう銘打たれてはいたけれど、シャガールの作品は<緑色の恋人たち><灰色の恋人たち><家族の顕現><赤い馬><彼女を巡って><日曜日><イカルスの墜落>などなど…ファンタジックなチョイスだったのですごく見たいほうの作品を見られて良かったです。時代の流行にも乗りつつも、シャガールはシャガールでした。

More
[PR]
by orangewords | 2010-10-10 13:36 | アート雑記 | Comments(0)
銅版画のテクニック 第2版/深沢幸雄著
d0165298_08265.jpg

図書館で借りて来た<銅版画のテクニック 第2版/深沢幸雄著>を読んだ。
ときどきこういう本を読むと色んな意味で新しい発見があって面白い。

色んな意味っていうのは作品を見ただけでは気がつかない技法のことや、著者である有名な版画家の性格的なことなど。笑

More
[PR]
by orangewords | 2010-10-08 23:59 | 銅版画制作 | Comments(0)
あたたかなハコ
d0165298_1984035.jpg

以前リラクゼーションサロンYELLさんオープンの際にお知り合いになった建築士の伊藤裕子さんと久しぶりにお会いしました。
今回はなんと伊藤さん設計のおうちに初めてお邪魔させて頂いてきましたー。
住宅は初めてです。

何年か前、このおうちーテーマは<あたたかなハコ>ーの出来上がるまでの様子をブログで読んでいたり、完成後の見学会も行きたかったのだけど予定があっていけなかったりで、なかなか住宅ともなると伺うチャンスはなく…。
2年経ってまさかお邪魔できるとはラッキーでした。

伊藤さんは設計された住宅にお住まいの施主さんに実際住んでみての「住み心地レポート」みたいなものを書いていただきファイルとしてまとめて、それを今後同じように住宅の設計を頼まれる方などに参考資料としてお渡しするのですが、今回そのレポートを書いていただいたminaさんにファイルを納品されるということで、同行しつつ少々撮影をしてきたのでした。
minaさんのレポートの表紙は私の銅版画<本は糧>をアレンジしたものなのです。今年は蔵書票とともにある年。(大げさ)

毎日暮らしている住宅なのに、カフェのようにきれいに住まわれてました。素晴らしい~。

おいしいケーキドーナツいただいちゃいました。梅林堂のだそうです。(北埼玉ネタ…)色鮮やかでかわいい。
[PR]
by orangewords | 2010-10-06 23:07 | その他制作 | Comments(4)