<   2011年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ハロウィンマスク
d0165298_08303.jpg

9月終わり頃に<マスキングマスク>として作ったマスク。鶴瓶さんのように垂れ目のお化けなので「バケつるべ」。(ん?バケツるべ?)次のマスク締切りは11月上旬みたいです。詳しくはマスキングマスクサイトをご覧ください~。
[PR]
by orangewords | 2011-10-31 00:10 | その他制作 | Comments(0)
クリスマス展DM出来ました
d0165298_23332027.jpg

銀座伊東屋にて開催する<the Joy of Christmas>のDMが早々に出来上がりました!それと同時にカレンダー用の印刷も出来上がってきました。
展示まであと一ヶ月半。準備も進みます。
[PR]
by orangewords | 2011-10-29 23:34 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(0)
丹阿弥丹波子展
d0165298_2357559.jpg

メゾチントで有名な丹阿弥丹波子さんの個展を見にシロタ画廊2へ行って来ました。なんか…勘違いしてて思ったよりもずっと会期が短かったのでもう一度行くとしたら気をつけよう…。11/5までです。

作品は数年前に見たときよりもずっと黒が黒く見え、背景との境目のきれいさといい、すごい。さらにお年を聞いてびっくり。日本の80代は創作意欲の尽きないエネルギッシュな方が多くて楽しい。

丹阿弥さんの作品は和洋どちらにもイメージ出来る。
メゾチントも色々だけど、丹阿弥さんの黒はふわっと柔らかい。エディションは大体30とか50が多くて色んなエディションナンバーを見られて良かったです。メッキしてるのかな?メゾをメッキしたら刷りのかんじはどんなふうなんでしょう?気になるものの、なかなかメッキのタイミングは掴めません。
[PR]
by orangewords | 2011-10-27 23:58 | アート雑記 | Comments(0)
ユリノコ個展atポポタム
d0165298_2353489.jpg

友人ユリノコの個展がポポタムで今日から開催。10/30(日)までです。搬入の手伝いをしたのだけど、なんとか間に合って本当に良かった…。黙々と作業をした…黙するしかなかった!

作品はニードルフェルトで作ったオブジェなどの立体。小物も少し。針金を駆使した作品が形もかわいくて良いかんじ。楽しくかわいいのでぜひ見に行ってみてください~。
[PR]
by orangewords | 2011-10-26 23:53 | アート雑記 | Comments(0)
窓辺のおはなし
d0165298_058239.jpg

坂田季代子さんと山川あかねさんの二人展<窓辺のおはなし>を見にポポタムへ行って来ました。山川さんは<BOOK METRO>の打合せのため私が初めてポポタムへ行ったときに個展をされてた人形作家さん。坂田さんはその<BOOK METRO>に参加いただいた銅版画家さんです。
どちらも繊細な線が印象的できっとファン層も重なるのではないでしょうか?良い二人展でした。

坂田さんの作品は絵本の原画がメインだったのでこれまで見たことがある蔵書票やマメ版画に比べてサイズもやや大きくて、その分細かい書き込みや黒の迫力を味わえる作品でした。エッチングの表現の幅広さはやはりすごい。これぞ銅版画、これぞエッチング。そして黒の幅広さも改めて半端ない。これぞ黒。
作品自体もすごく良かったのですが、でもそれ以外のあらゆる点にもひたすら感心。すごすぎる〜!
[PR]
by orangewords | 2011-10-22 23:58 | アート雑記 | Comments(0)
試刷り名刺
d0165298_115037.jpg

クリスマス展、そして初個展を前に試刷りや失敗した刷りをまとめて捨てようと思って整理。せっかくなので名刺として再利用することにしました。カットするのが面倒でしばらく放置してた存在感のある試刷りたち…。さすがの私もいよいよ動きましたよー。
先日から何度かに分けてカットしてるんですが、良い作業台がないもので腰が痛いです。

一枚の作品からトリミング出来るのは2~4枚。しかしこうして改めてみると黒が多い…。
そしてトリミングした部分だけ見るとどこが失敗!?てくらい手前味噌ですが良い刷りがあったりして。でもそこ以外が失敗してるのだ、無念なり。

名刺にももったいないのはいつかマメ版画展で使えるかもしれないからとっておこうっと。

一見、メゾチント作品が多そうに見えるけどこの中でメゾ作品は3点です。いっぱい刷り失敗して、3点中エディションとれたのは1点のみ。あとは刷りの練習だけで終わってしまいました。
試刷りや失敗、これからはどんどん減ってくれると有り難いなぁ。

12月の銀座伊東屋さんでのクリスマス展ではメゾは豆版画しか出品しませんが、2012年の個展では部分的なのも含め2点は必ずや展示したい!(志し低い)
[PR]
by orangewords | 2011-10-20 01:17 | 銅版画制作 | Comments(0)
銀座伊東屋クリスマス展DM入稿
d0165298_18124869.jpg

銀座伊東屋でのクリスマス展<the Joy of Christmas>のDM入稿しました。ちょっとずつ準備進んでいますよー。クリスマスまできっとあっという間です。
[PR]
by orangewords | 2011-10-17 18:13 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(0)
東京楽竹団
d0165298_14372923.jpg
ジャンピエのゆゆさんと<東京楽竹団>の公演に行って来ました。同じくジャンピエのエリさんが出演しているのです。

前から竹の楽器で演奏しているとはお聞きしてたけど、今回初めて見に行ってきました。衣裳も演技もちょっと歌もあったりして、日本昔話みたいな子供向けの音楽やちょっとしたお芝居とも合いそう。

竹の楽器は南国風に聞こえたり尺八のように渋い和風に聞こえたり(太鼓も使ってたから余計"和"を感じたのかな)あと不思議とちょっとメルヘンぽくも聞こえました。It's a small worldみたいな…民謡が合うのかも。だから子供向けも合いそうって感じたのかな?

最初から終わりまで、楽器の運び入れから運び出しまで、いろんな部分に演出をかんじられて楽しい公演でした。

*画像は楽竹団とは関係ない、2010年の年賀状の一部から。色が青竹っぽい?
[PR]
by orangewords | 2011-10-15 14:38 | アート雑記 | Comments(0)
2012年賀状販売開始 アフロモールOPEN
d0165298_9303589.jpg

今年も年賀状販売の季節がやってきました!
orangeworksふたりともが参加しています。年賀状販売は昨年より一ヶ月程早く今年は<アフロ>という写真素材などを扱うところから販売されます。オンラインショップ<アフロモール http://mall.aflo.com/>が今年10月11日オープン(祝)です。ぜひご覧下さい。スガイジュンとsatiでそれぞれ参加しています。

こういった作家名が掲載される年賀状の他にも年賀状のお仕事はしていて、今年はちょうど3月の震災の時期にもすでに2012年の年賀状を制作していました。年賀状というものをなかなか制作する気分にならなかったり、正直需要はあるだろうか?と思ってみたり。でも2012年に年賀状を送れる人たちの、普段気がつかなかったような小さな喜びの集まりを想像しつつ沢山年賀状をデザインしました。そこかしこ自然エネルギーを意識してみたりして。
なんとなく私の中で龍って自然と密接な関係があるように感じていて。空とか雲とか風とか水も。さらに猛々しさは火山や地熱を連想してしまったり。そこまで含めたら都合良すぎでしょうか?笑

年賀状よろしくお願いします!
[PR]
by orangewords | 2011-10-12 09:30 | お知らせ | Comments(0)
東日本大震災から7ヶ月
d0165298_23243799.jpg

季節は巡って涼しい秋となり、東北ではきっとすぐに冬がくるのでしょうね。
私が参加している福島市へマスクを送る<マスキングマスクガールプロジェクト>は先月第4回目を送付しました。
私は被災地ボランティアへは8、9月とも行っていませんが、私が版画制作に通っている工房のKさんが9月に平泉観光付きのボランティアツアーに参加されたというので先日少しお話を聞かせてもらいました。

Kさんはひとりでの参加が不安でお友達とふたりで参加してきたそうですが、周りにはひとり参加の方もいっぱいいたようです。年齢は早期リタイア組から20代の若い人たちまで様々。作業は陸前高田の近くの村での側溝の泥だしだったそう。作業日は一日だったようで「筋肉痛にはなったけど、1日じゃなくてもっと出来たと思う」と。なんか分かるなぁ~。そして「まだまだボランティア必要だと思った」とも。7ヶ月経ってもやっぱりそうなんだな。側溝の泥だって、雨が降ったり風が吹いたりすればまたゴミや泥が溜まるものね。

そしてお話を聞くと「観光付き」のボランティアツアーのがホテルでのお食事事情がすんごい良さそうですね!笑 うらやまし~。もちろんその分料金も高いのですが、それにしても秋冬の東北料理はさらにおいしそう~っ。アンテナショップも近頃行ってないから今度また行ってみようかな。

さっき見たネットのニュースに「2014年3月までを目標に除染作業」すると書かれていました。2014年。長いなぁ。この間の日曜日も渋谷~原宿(おそらく表参道も)を原発反対のデモ行進やっていました。ずっと見落としていた大事なこと。いつか忘れてしまったりしないように。どんな形であれ今生きてる人たちはみんなその役目を担ってると思う。

ちょっと前のことになるけれど、この震災後、初めて大地震に見舞われる夢を見ました。地震の不安と同時に更に原発の不安が覆いかぶさり心底「原発なんかいらないっ!!」と思って目が覚めました。311のときの不安が鮮やかに蘇ってきて、被災地の方たちの心労を体験したかのようでした。あれを毎日はきついです。
(色んな意見はあるものの)原発お疲れさま。ちょっと遅かったけどそろそろ身の丈にあったエネルギーへバトンタッチです。そして引退後、片時も忘れず注視していることが人が生きる理由のひとつになってしまったのだと思う。

*写真は実家の山岳コーナー。草花を愛でる人でありたい。
[PR]
by orangewords | 2011-10-11 23:24 | ぼそっと | Comments(0)