<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧
the Joy of Christmas終了&EQIPの2011
d0165298_2315208.jpg

銀座伊東屋での<the Joy of Christmas>、本日無事最終日を終えることができました。
初めて銀座、そして伊東屋さんにあんなに通いつめました〜。しかし残念ながらせっかくお越しいただいたのにお会い出来なかった方もいらっしゃるので、ほんとすみませんでした〜!でもお越しいただき有り難うございます!!

そしてこれにて2011年内の展示予定は全て終了しました。
2011年は版画展企画ユニットEQIP(エキップ。フランス語のEQUIPからもじっています)として初めての展示だった1月の蔵書票展<Ex libris BOOK METRO>から始まり、12月のクリスマス展<the Joy of Christmas>まで、途中一度の巡回展を経て計3度の展示を行いました。一年目にして上出来!と思っています。がんばりましたー

2012年のEQIP企画についてもひきつづきEQIPブログをご覧いただけると嬉しいです。

*写真はクリスマス展用に制作したかわいいミニ額入りのマメ版画。小さすぎてちょっと目立たなかったかも…盲点でした!でもマメの楽しさ味わいました。ピンボケしてますが右の<赤だるま>は新しいご主人の元に巣立ってゆきました。めでたいお正月を過ごしてね。
[PR]
by orangewords | 2011-12-25 23:19 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(2)
銀座伊東屋the Joy of Christmas残り2日
d0165298_23312665.jpg

<the Joy of Christmas>の10日の展示もやっぱりあっという間。そしてあっという間のクリスマス。今日から連休でプレゼントにちょっとしたものを…と小さな作品など買って行かれる方がいらっしゃいました。さらに今日はミニ額の業者の方にミニ額をツリーに飾っているのを見てもらえて良かった。あのミニ額かわいいからこれからもどしどし作って頂きたいです。

写真はツリーの形のドレスを来た女の子の絵の一部。レースっぽく、それから(基本ツリーなんだけど)陶製のベルっぽいかんじになればいいなぁと思って作りました。静かそうでもあり、全体像をみると騒がしそうでもあり。

明日24日は14時半頃〜在廊してます。
[PR]
by orangewords | 2011-12-23 23:39 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(0)
2012年年賀状追加
d0165298_1839062.jpg

2012年の年賀状をアフロさんの<Aflo Mall>につづき、デザインエクスチェンジさんの<おめでた満タン/クリエイター年賀>でも販売することになりました。もちろんデザインは全部違います。

スガイジュン、satiとして参加しています。

★おめでた満タン…http://www.dex.ne.jp/omedeta/
★Aflo Mall…http://mall.aflo.com/nenga/

銅版画のものや部分的に銅版画のマテリアルを使用したデザインもあります。どちらもぜひご覧ください。よろしくお願いします。
[PR]
by orangewords | 2011-12-19 18:39 | お知らせ | Comments(0)
銀座伊東屋にてthe Joy of Christmas
d0165298_0381579.jpg

銀座伊東屋8Fミニギャラリーでの<the Joy of Christmas>3日目でした。3日連続通ったのでちょっと作業と場所などに慣れてきました。慣れてきたところですが、あした19(月)は当番はお休みします。

<the Joy of Christmas>ではインチ額に収まるサイズの作品を多く出品しています。メインのインチサイズ作品と同じくらい頑張って制作したのがマメ版画作品です。
マメ版画は小さなツリーにオーナメントみたいに飾って展示販売しています。展示ブログに写真が載っているのでご覧ください。こんなかんじ〜→http://eqip.exblog.jp/

写真はツリーに飾ったミニ額入りのマメ版画作品。左が江川渡子さんのコラージュ作品、右がわたしのエッチング作品です。

---------
<the Joy of Christmas>

詳細:http://eqip.exblog.jp/

2011年12月16日(金)〜25日(日)
会場:銀座伊東屋 8Fミニギャラリー

月〜土/10:30am〜9:00pm 日祝/10:30am〜8:00pm
*営業時間は変更になることがあります。銀座伊東屋サイトをご確認ください。

・参加作家
アンドーヒロミ、永島幸子、松本里美、まなかふみこ、山本佳奈枝(以上銅版画)、宮越暁子(鉛筆画、木版画)、江川渡子(コラージュ、アクセサリー)
---------
[PR]
by orangewords | 2011-12-19 00:38 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(0)
the Joy of Christmas始まりました
d0165298_23472225.jpg

銀座伊東屋8Fミニギャラリーでの展示<the Joy of Christmas>、本日初日でした。私は本日はほぼ終日在廊しました。11時に伊東屋さんへ到着するとクリスマスカードやカレンダーや手帖のお客様でもうすでに賑わっていて、さすが銀座!お昼時には銀座にお務めの方々がいらしてくれて、いつもこんなふうにふらっと立ち寄ってアートに触れてる方が多いのだなぁと改めて思いました。確かにわたしも仕事の休憩時にギャラリーに安らぎを求めてたことがあったなぁ。

明日は夕方頃まで在廊しますのでご来場お待ちしております。*途中お昼などで不在の場合があります。
---------
<the Joy of Christmas>

詳細:http://eqip.exblog.jp/

2011年12月16日(金)〜25日(日)
会場:銀座伊東屋 8Fミニギャラリー

月〜土/10:30am〜9:00pm 日祝/10:30am〜8:00pm
*営業時間は変更になることがあります。銀座伊東屋サイトをご確認ください。

・参加作家
アンドーヒロミ、永島幸子、松本里美、まなかふみこ、山本佳奈枝(以上銅版画)、宮越暁子(鉛筆画、木版画)、江川渡子(コラージュ、アクセサリー)
---------

*画像はクリスマス展のために制作した新作。トナカイの○○?
色がすごいのだけど額に入れたら意外に東欧っぽくなって異国情緒醸し出してます。写真はガラスに背景が写ってちょっと色が変です。あしからず〜。
[PR]
by orangewords | 2011-12-16 23:58 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(0)
東京版画研究所40年のあゆみ展
d0165298_1975317.jpg

楽しみにしていた<東京版画研究所40年のあゆみ展>と中林忠良さんの講演「女屋勘左衛門先生の遺したもの」を聞きに中村橋駅にある練馬区立美術館へ行って来ました。受付で米倉先生と遭遇!

私の通っている工房は東版の元講師だった堀内先生が開いていて、先生は銅版画をされているから勝手に東版も銅版画中心の工房だと思い込んでいましたが、実はリトグラフが歴史ともに充実していると分かりました。
この日展示されてた作品も自由に色づけされた躍動感あるリトグラフ作品がたくさんありました。展示の最初のほうには東版の創設者で摺師だった女屋勘左衛門先生が摺った作品が数点あって、私が楽しみにしていたひとつ山口薫さんや脇田和さんの作品はここで見ることが出来ました。脇田さん作品はリトになっても独特の色あいもお馴染みの鳥や顔などのモチーフも楽しめました。早く軽井沢の脇田美術館へ行きたいわぁ〜

東版は大きなプレス機があるのか大作揃い!躍動感のある軽やかな色のリトと、ちょっと重厚感のある風合いの銅版画、やはりみなさん色々チャレンジされてるようで木版リトに紙版画や塩ビ、コラグラフ、コラージュなど様々な作品がありました。堀内先生のあっけらかんとした銅版画はここでもちょっと珍しい?すんごい肉厚に盛り上がったインクの色がきれいで、風景なんだけどひときわ抽象的なコンテンポラリーアートでした。

更に見て行くと私の工房仲間のI井さんのいつもの手着彩の柔らかな銅版画作品、講師の七戸先生の精神的なガツンと重い銅版画作品、そしてさらに重くて厚い大きさともども圧倒的な米倉先生のコラグラフ。

展示ではさすがにメゾチント作品もちらほら。カラーメゾもあったし、思いつきもしなかった飾り方をしてる方がいたり!ドライポイントもちらほらいたけど、…やっぱりビュラン人口て今メゾよりも少ないのかなぁ?2、3人だった気がします。しかもひとりは故渡辺千尋さん(彼岸花の作品)だったし。

欲を言えばもっと全部の作品をじっくり見たかったのだけどちょっとだけ行くのが遅かったので(思ったよりも西武池袋線で待たされた…)最後の方は中林忠良さんの講演が始まる時間になってしまってあっさりめに鑑賞。

中林忠良さんの講演は前半がデューラーの<犀>の絵をテーマに版画とは…というお話、後半は女屋勘左衛門先生について語った「女屋勘左衛門先生の遺したもの」でした。中林さんは女屋勘左衛門さんにリトグラフを教わったのですね。そして逆に東版のことで色々協力されてたようです。

版画本来の役割を考えたとき版画とは芸術なのか?という問いに、版画たるもの一般市民と同じ目線であるもので、決して上から見下ろすものではない、というのがやはり心に残りました。日本での浮世絵はまさに庶民のための文化で、庶民の目は肥えてたでしょうね。(こういっては失礼に聞こえるかもしれないけどもちろんそんな意味ではなくて)同じように中林さんの口調や人柄も版画のように同じ目線の中にいて私たちに寄り添うようでしたよ。

*画像は<水仙月の四日(宮沢賢治)>からモチーフを描き出した蔵書票新作。雪童子(ゆきわらす)。12/16〜始まる銀座伊東屋8Fミニギャラリーにシートで一枚持って行くのでひと目見てあげてください。
[PR]
by orangewords | 2011-12-14 19:08 | アート雑記 | Comments(0)
キャプション製作と…
d0165298_0185641.jpg

徐々に伊東屋クリスマス展<the Joy of Christmas>参加作家さんからプロフィールが送られてきて、キャプション制作中です。
そして一昨日には小さいけどとっても大事なアイツが我が家に届きました…お披露目は会場にて。お楽しみに!
[PR]
by orangewords | 2011-12-12 00:19 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(0)
震災から9ヶ月
d0165298_13514188.jpg

被災地に寒い冬がやってきました。そしてここからは東北の冬は長そうだし、震災一年に向けての冬のような気もします。
今日は被災地の雇用問題の記事をネットで読みました。わたしは復興宝くじ当てて何らかの雇用に使ってみたかったなぁ〜。当たった方はどんなことに使われたのかな?

私の身の回りでは先月にも工房仲間の方が被災地へボランティアに行かれました。側溝の泥だしをされたそうです。今でもそういう作業が続いているんですね。
この頃はクリスマス展の準備で忙しなかったので、ボランティアのお話を久しぶりに耳にして東北の現実を改めて感じました。クリスマス展の準備に夢中だった自分にちょっと揺らぐものがあったけど、でもクリスマス、年末、年始…せめて東京から元気出していこう!クリスマス展は楽しく出来るようにがんばりますよー。

昨日は実家の母から電話があり、母が習っているお茶の関係の方が石巻に振袖を寄付・貸し出しをするプロジェクトに参加されてるそうで、私の振袖はまだ袖を切ってなかったので一式貸し出しすることにしました。さすがに寄付は出来ない!ごめん!
振袖にしては渋いから気に入ってもらえるか分からないけど、私のお気に入りの振袖です。帯締めもすごく素敵で、振袖の写真撮影のときには着物屋さんが腕を振るってこの帯締めを水引のように大輪の花風にアレンジして非常にめでたく結んでくれました。
成人式の振袖姿は東北を華やかな気持ちにさせてくれると思います。ぜひ振袖着て欲しいな。

東京の冬は夏ほどの節電はないみたいです。ところどころ間引き照明とかしてるのを見かけますが、電気予報みたいなのも表立ってやらないし。2013年春には原発再開とかってネットの記事を先日読みました。城南信用金庫みたいな企業がもっと出てきて原発再開しなくて済むと良いな。それを決断出来るのは今大人の人たちなんだ。私は立場や存在は弱くて幽かなものだけど決断権のある人たちが出来るだけすんなり決断出来るように微力ながら後押ししなきゃならないですね。

*写真は5〜6年前にカフェ閑居での振袖撮影会のときにとっくに成人してたけどついでに撮影してもらったものです。着付けはいつもの伯母作。
[PR]
by orangewords | 2011-12-11 13:53 | ぼそっと | Comments(0)
額縁選び
d0165298_17194655.jpg

銀座伊東屋でのクリスマス展<the Joy of Christmas>の準備を日々しています。
昨日はなんとか展示のメインとなるインチサイズの額縁選びも出来ました!ひとつだけ余分に買ったので、展示するインチ額作品のどれかひとつはお持ち帰り出来るようになりそう。といっても現段階で刷り増のあるものになるので作品は絞られてきますが…。しかもクリスマス感のない額縁だから賑やかなあの場所で展示映えするかどうか?ちょっと考えよう。

あとは作品が乾くのを待ってマットを切りに行けばオッケー。

*写真は手乗りサイズのミニ額に収めたマメ版画作品。こういうのも少々用意しています。
 クリスマスっぽい額に入っておめかししてるようです。
[PR]
by orangewords | 2011-12-09 17:19 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(0)
2012年作家カレンダーネット通販始めました
d0165298_1217348.jpg

EQIP企画展<the Joy of Christmas>の会期中にご来場いただける方へのカレンダー取り置き予約を受け付けていましたが、メールで通販も始めました。

通販の場合はメール便での送料ほか手数料を入れて、1,150円での販売になります。
メールを頂いてから振込先などをお知らせし、お振込確認後に発送となります。詳しくはメールでお問い合わせください。
★メールアドレスはこの記事の末尾をご覧下さい。

これまで通り会期中にご来場いただける方のカレンダー予約(取り置き)も続行してます。こちらは1,050円での販売です。

*どちらも紐の色は選べません。会期早めにご来場いただければ紐色を選べると思います。通販も予約もよろしくお願いします。

早く欲しい!という方は、大森のファーストライトさん、目白のポポタムさんにて販売中ですのでぜひ足を運んでくださいね。

------------------
★カレンダー通販&予約メール
担当/EQIP 永島 sati*orangeworks.info *を@に変えてお送り下さい

メールお待ちしてます。

*画像はアイボリーの金ラメ入りの紐バージョンと、緑のコットン紐バージョンです。この他にパープルの金ラメ入りと、赤グラデーションがあります。全4種。
[PR]
by orangewords | 2011-12-07 12:18 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(0)