<   2013年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
チャリティー展の作品製作中です
d0165298_1628454.jpg

昨日、ようやく工房での刷りの作業を終え、あとは家でも出来る作業となりました。
写真は、ポポタムさんが岩手のリフォーム業者さんからいただいてきた木片を使って、わたしが手作りした小さなフレームです。中にフクロウの絵のマメ版画を閉じ込めているところです。フレーム作りは素人なので簡単な作りですが、素朴な雰囲気が作品にも意外と合って良かったです。

このフクロウのモデルは、震災後にボランティアへ行った岩手県にて購入した水牛の角に彫られた置物。岩手県の民芸品ではなくて単に「フクロウは宮沢賢治が好んだモチーフだから」という理由でそこで売られていました。

モデルとなった置物同様、この岩手の木片フレーム入り版画も、ちょこんと置いて飾っておくのに丁度良い小作品になってます。大勢の展示なので埋もれてるかもしれませんが、ぜひ実物を見に来て下さいね。

-----------------------------------------
<66人のチャリティー展>
2013年4月5日(金)〜14日(日)*4/11(木)休み
12時〜19時 *金曜日〜20時まで

場所:ブックギャラリーポポタム(目白)
171-0021 東京都豊島区西池袋2-15-17
http://popotame.m78.com/shop/

2011年よりつづくチャリティー展を今年も開催します。
作品売り上げの40%を東日本大震災遺児と東電原発事故被害者の支援活動に寄付します。
-----------------------------------------
[PR]
by orangewords | 2013-03-31 16:28 | 銅版画制作 | Comments(0)
"星になるもよし 太陽になるもよし"/銅版画
d0165298_23401457.jpg



More
[PR]
by orangewords | 2013-03-29 23:41 | 作品 | Comments(0)
47都道府県のご当地スーパー展
d0165298_0223729.jpg

<47都道府県のご当地スーパー展>を観にヒカリエ8Fにある<d47 MUSEUM>へ行ってきました。〜4/21まで。最近マツコの出てる番組でご当地スーパーや食材を紹介していたのを観たのだけど、流行なのかな?
全国の食材を観たところ「麩」が意外と多い!各地にそれぞれ馴染みの「麩」があるんですね。知らなかった。お麩といえば宮城県の定規三角は美味しくって好きです。きっと知らないだけで色んな調理法があるんでしょうね。(*定規三角じゃなくて定義とうふ店の三角定規だった!しかも麩じゃなくて油揚げだった!まったく違った…)

各県それぞれにスーパーと品物をチョイスしてきた方がいるのですが、大部分が昔ながらのレトロなパッケージデザインのところを、愛知県は担当者の嗜好なのかなぜかアメリカナイズされたデザインの品物がありました。笑 新商品なのかな?ほぼ地元でしか流通してないような品物のパッケージに気合いを入れられるところが羨ましいです。
それにしても広島のチチヤスヨーグルト(小学生のときに給食で食べて以来大好き)が展示OKなのに埼玉のガリガリくんが展示されてないのがなんだか納得いかない!

展示を見つつも最後に待ち構えている販売コーナーが気になって仕方ないです。そして欲しいなぁと思ってたものがなくってちょっと残念でもありました。
私は一緒に行ったA子おすすめの熊本の<ナポリタン>と、久々に食べたいけど夏まで保管予定の宮崎の<ひや汁>、昨年農大収穫祭で見て気になっていたヤマブドウのジュース・岩手の<山のきぶどう>を購入。
あと同じ階にあるd47で気になっていた三重の<たべるかつお節薄味付>を買いました。(想像を裏切らない美味しさ!)

<d47 MUSEUM>初めて入ったのだけど、今回みたいなのはあとで絶対何か買い物するのでもうちょっと入場料安いといいな。
[PR]
by orangewords | 2013-03-27 23:21 | アート雑記 | Comments(0)
六本木アートナイト2013/国立新美術館
d0165298_0334374.jpg

3/23(土)夜〜明くる朝まで六本木界隈で開催されている<六本木アートナイト2013>、23日(土)のみ<国立新美術館>が無料ということなので行ってきました。
<カリフォルニアデザイン1930-1965 モダン・リヴィングの起源>と<アーティストファイル2013>を鑑賞。
<カリフォルニアデザイン…>は、イームズ夫妻の時代のプロダクトデザインなど馴染みのあるデザインの展示でした。ダン・ジョンソンさんの椅子とデスクが一番気に入りました。とくに籐とブロンズで出来た椅子が格好良い。あのブロンズ製の小さな肘掛け、肘掛けられるんだろうか〜?笑 気になる!

色形と経済と、どれをとっても元気を感じましたが、数年前までデザインとしか捉えていなかった幾何学的でポップなアトミックデザインに少なからず影を感じました。

デザイン以外ではパネルで紹介されていたロサンゼルスのたった8年(1922〜30年)での栄えっぷりに驚きでした。
ちょっと読む所が多くて、しかも少し変な場所にキャプションを貼っていたりして読みにくく、全部は読めませんでした。それから個人的に視力が落ちてるのかなぁー?混雑しててキャプションに近寄れなかったこともあり、もうちょっと字が大きいとありがたかったです。そういう年齢になったのかな?美術鑑賞者も高齢化でしょうから!バリアフリーだけじゃなく、文字大きめにしてもらえると嬉しいな。(照明はそんなわけに行かないでしょうからせめて文字サイズだけでも。あとはイヤホンガイド置くのも良いですね)


<カリフォルニア…>の後は<アーティストファイル>へ。一番最初のチョン・ヨンドゥさんの着眼点が面白かったです。見たいなぁと思っていた國安孝昌さんの丸太とレンガの作品は見ていて気持ちがよいです。アスレチックのようで目で追って楽しんでるのかも。「設営が大変だね」なんて話をしてたら、地下で設営風景が少しだけビデオで流れていました。思ったより少人数での作業のようでした。
ダレン・アーモンドさんの月の光で撮った写真は、それに気がつかないと楽しめないのでスルーする方も多く残念でした。暗い部屋の中でカラーカルトンみたくして月の光くらいの灯りを後ろからあてて見せる…というのでは意味がなくなるのかなぁ。最近写真作品の見せ方の難しさを感じています。

<六本木アートナイト2013>、国立新美術館しか行けませんでしたが太っ腹イベントでとても嬉しい限りです。普段はひとり鑑賞が多いのですが、今回はジョンさんもご一緒に。今更ながら国立新美術館の建物とスーベニールトーキョーに感心しているようでした。笑

サントリー美術館も通常の半額になっていて本当は行きたかったのだけど、外へ出たらすっごく寒くなっていたので断念しました…風邪ひいてまうー。<アートナイト>だけあって森美術館は夜中もずっと開館していて朝まで開いてるそうです。来年もあると良いなぁ。今度はもうちょっと準備万端にして出掛けます。
[PR]
by orangewords | 2013-03-23 23:59 | アート雑記 | Comments(0)
岩手の木片・フレームに
d0165298_1363117.jpg

ブックギャラリーポポタムでのチャリティー展用にポポタムから頂いてきた<岩手の木片>。ぼんやりと「額縁に出来ればなぁ」と思ってはいたのだけど、なかなか手強いですな!木のことはよく知らないのですが、なんというか旋毛のような部分があって、目がめちゃめちゃに詰まっていて刃が立たない部分が多かったです。かと思えばもろもろに柔らかい部分もあって…。木っていろいろ。………なんだか普通のことで言ってるだけですね。

そんなわけであんまり作れないかもしれないけれど、時間のあるときにがんばってます。

写真では旧作マメ版画の<庭>をフレームに入れてますが、新作マメ版画もほんの少し製作中です。

-----------------------------------------
<66人のチャリティー展>
2013年4月5日(金)〜14日(日)*4/11(木)休み
12時〜19時 *金曜日〜20時まで

場所:ブックギャラリーポポタム(目白)
171-0021 東京都豊島区西池袋2-15-17
http://popotame.m78.com/shop/

2011年よりつづくチャリティー展を今年も開催します。
作品売り上げの40%を東日本大震災遺児と東電原発事故被害者の支援活動に寄付します。
-----------------------------------------
[PR]
by orangewords | 2013-03-21 01:41 | その他制作 | Comments(0)
「石城日記てぬぐい」忍書房さんで販売中です
d0165298_2322376.jpg
幕末の行田で暮らした尾崎石城さんの書いた絵日記「石城日記」(慶應義塾大学文学部古文書室蔵)。その絵を使って私がデザインした「石城日記てぬぐい」(一枚800円)を本日から忍書房さんにて販売中です!
どうぞよろしくお願いします。

●忍書房…行田市忍2-18-6 tel.048-556-2883
*割と無休。ただし配達のため留守のこと有り。125号沿い、市役所の角の信号を羽生方面へ30mほど行った角の書店です。

絵は、石城さんが親友の甫山と一緒に友人・土屋の家でゴロゴロ本を読んでるようす。左には、別の友人が飼っている赤犬の福です。目がトロンとしてます。

「石城日記」は「幕末下級武士の絵日記 その生活と住まい/大岡敏昭著(相模書房)」の中で詳しく面白く紹介されています。読めば面白さが分かるはず。
ちなみに忍書房さんで書籍を購入されると「忍城俯瞰図(天祥寺蔵)」のブックカバーをかけていただけますよ。
[PR]
by orangewords | 2013-03-18 23:31 | 石城日記グッズ | Comments(0)
小林猶治郎&富田有紀子展
d0165298_0203061.jpg
東京版画研究所の工房展へ行くつもりでいたら、周りの方たちが東版展と同じ練馬区立美術館へ足を運んでいるのでした…。何を見にいってるの?と思ったら美術館では<超然孤独の風流遊戯 小林猶治郎展/富田有紀子展>を開催していたのでした!おじいちゃんと孫の展示です。
まずは一階の富田さんの展示へ。DMなどで絵は見たことあったのですが、実物を見るのは初めて。同じ大きさに統一されたキャンバスにアップで描かれた花がスタイリッシュでした。それとは別に穴から覗き込んでる絵のシリーズや、周りの模様が映り込んだ器の絵があったり、模様が映り込んでるように彩色された器があったり。銅版画ではどんな作品を製作されてたのでしょうね。

今回の展示まで小林猶治郎さんのことを知らなかったのですが、土っぽさと、デザインと、遊び心と、憧れと、いろんなものを内包した絵でした。そして家族愛に満ちていて、モデルが子どもやら孫やらだったりするのだけどどの人も鼻に特徴があって、見ていて笑えてきました。<静物雑居>色がきれいだったなぁ。それから<小鳥>という絵には手前に鳥小屋の金網が実際に張ってあったり、<金魚>という絵には額縁にガラスを入れて(油彩が主で、ほかの絵はほとんどガラスなしでした)水槽のようにしたり。

猶治郎さんが孫の富田さんに宛てた手紙の中などに「無理しないで一生懸命やりなさい」と何カ所かに書かれていたのが印象的でした。無理はたま〜にするのが良い。そして一生懸命がいいですね。
[PR]
by orangewords | 2013-03-16 00:21 | アート雑記 | Comments(0)
東京版画研究所展 2013
d0165298_23462361.jpg
東京版画研究所の工房展を観に<練馬区立美術館>へ行ってきました。前回は同じく練馬区美の美術館のほうで<40年のあゆみ>と題しての大きな展示だったのだけど、今回は通常工房展として同美術館内の区民ギャラリーです。通常は区民ギャラリーの予約が取れたときに行っているのだそう。だから工房展をしない年もあるらしい。なんだか珍しい!

会場に着いたらリトの橋本尚美さんが当番中でラッキーでした。
工房展を観るとそのときその工房で何が流行っているのか垣間みれて楽しいです。工房展で木版リトの作品を観られるのは都内では東版だけかも?木版リトと紙版画の割合が多く感じられました。客観的に観るから気がつくのかな。我が工房展はどう思われてるのでしょう?銅版画の方が少なかったので、銅版画をしている者としては銅版画をもっと見たかったなぁ。
そして橋本尚美さんのリトグラフやっぱり素敵でした!伸びやかで。リトのこういうところ好きだなぁ。感覚的で。
もっと居座りたかったのだけど、時間なくて(そして寄り道して来たので歩きすぎて疲れて)おいとましてきました。
[PR]
by orangewords | 2013-03-15 23:46 | アート雑記 | Comments(0)
大矢雅章 展
d0165298_234573.jpg

銀座の養清堂画廊へ<大矢雅章 展>を観に行ってきました。16(土)までです。昨年の秋に座間の神社で個展を拝見させていただいた銅版画家さんです。
色々なチャレンジをされてるのですが、今回の壁面への展示は主に竹和紙に刷られたエッチング+アクアチントの作品<towane>シリーズでした。メゾチントにも似た雰囲気の作品で、その質感と黒いインクの色が竹和紙の白さと背筋の伸びるような張りと合わさってより静謐な作品になっていました。樹の根っこが吸い上げる昔々の命。(な、かんじ。)竹和紙は大矢さんの一押しの阿波紙ですね。
今回も気さくにファイルにまとめられた作品も見せていただき、ドライポイントの素敵な作品がいくつもありました。いっぱい作らないと本当の意味で肩の力の抜けた作品は作れないのだろうなぁ。

帰り際、シロタ画廊で多摩美の版画の展示をしていると教えていただき、久しぶりにシロタ画廊へ。銅版画に限らず版画を観るのは好きなので色々見られて良かったです。

そして銀座を後にして10日ぶりの工房へ…。チャリティ展用のミニ版製作の合間に、やっと竹和紙の試刷りをすることが出来ました。でもまだ丁度良い湿し時間が分からないので明日も少しつづきをしてみます。
[PR]
by orangewords | 2013-03-14 23:34 | アート雑記 | Comments(0)
決算・確定申告 2013
d0165298_17493239.jpg
決算・確定申告、やっと今日提出できました!良かった〜。早く終わらせないと焦ってしまって他の仕事が手に着かないので、本当は先週に終わらせたかったのですが。2012年は初めてすることが多くて、自分なりにそっちに頭を使ったのか、年末調整のとき「あれ…いつもどうしてたっけ?」とかなり色々と作業手順を忘れてしまってました!同じく決算・確定申告も…。イチから勉強かい〜(バイブル「見やすい図解ですぐわかる 個人事業の経理事務(宇津木透監修)/東西社」はいまだに必須…)
それでも青色申告会のお陰でなんとかなって良かったです。

今は夫の専従者としてお給料をいただいてますが(といっても経理は私がしているから給料の作業は自分でしてる)、デザインやイラストの仕事をしているとフリーランスと間違われてしまうことがあって、今回も1件そんなのがあって私の名前で源泉徴収票が届きました。
以前同じようなことがあった際は私のお給料の年末調整+間違われてしまった分の確定申告をしてました。これをするとその仕事の作業にかかった経費を再計算しなければならなかったりと大変でした。大変ではあったけど、税務署の方に教えてもらってなんとか出来るものなのですよ。だからベルサール渋谷は混んでそうだけど、まぁいいか〜と思ってました。

けれど今回は「もし指摘された場合にちゃんと答えられるから大丈夫」ということで通常通り事業主(夫)の分と一緒に申告することが出来ました。良かった〜。でもなんだかどきどきしますね。
大丈夫であることを祈ります。

*写真は先月の<アーツ&クラフツinぎょうだ>にて。鷲宮の<花工房くるみ>のお花です。<カフェ閑居>にてフラワーアレンジメント教室をされています。
[PR]
by orangewords | 2013-03-13 17:59 | ぼそっと | Comments(0)