<   2013年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
静岡・その3/浜松
d0165298_1162345.jpg
風雨の激しい中、浜名湖そばの弁天島駅に着きました。友人A子に車で迎えに来てもらい、浜名湖を横目にA子宅へ。A子のご両親と愛犬ののんちゃんに温かく迎え入れられ、楽しい一夜を過ごしました。

A子とのんちゃんにはもちろん会いたかったけど、加えてそのお母さんお父さんと会うのもこれまた楽しみだったのです。お母さんは着付けの先生をしていて、なおかつ裂織の先生もしていてとってもアクティブ。お父さんは凝り性で、A子と初めて会った頃は写真にはまりまくっていたけど、その後ボランティアに、語学に、そして今は農業にはまっているとのこと。ハマりすぎて、畑の近くに家を建てて引っ越したばかりなのです!「まさかこの年でまた家を建てるとは思わんかった」とお父さん。浜松の気質(静岡県の三河地方寄り遠州の気質)として「やらまいか」という言葉があるらしく、これは何かに迷ったときに「まぁやってみっか!」となる気質なのだそうです。ちなみに静岡でも東のほうになってくると「やめまいか」といって、迷ったときに「とりあえずやめとくか」っていう慎重派気質なのだそう。
何事もチャレンジ精神なのですね、浜松ッ子は。アクティブな人生の先輩たちとのおしゃべりは面白く、しゃべり足りないけども続きはまたの機会に…。とりあえず自分が動かなければ何も始まらないですよね。ちょっとでも動いていたい。そして人と会うことも大事だと改めて思いました。

朝はお父さんに浜松駅まで送ってもらう途中に自慢の畑に連れて行ってもらいました。昨日の肌寒い大雨からの寒暖差か、日射しの明るい今朝、ビニールハウスの入り口を開けたらブワ~ッ!と蒸気が!?メガネもカメラレンズも一気に曇る。蒸し風呂状態…。ビニールを開けて風を通して事なきを得る。清々しい丘の上の畑。昨夜までの雨の滴りがきらきらと輝いてきれい。色んな野菜の花が咲いてました。
浜名湖は万能で、うなぎの養殖だけでなく、牡蠣まで養殖していて、海苔もあり、そして天然の仕掛け状態で海から迷い込んで来た鯛なども採れるのだそう。花もいっぱいだし、畑もあるし、浜松良いとこ一度はおいで。素晴らしき故郷だね!
[PR]
by orangewords | 2013-04-30 11:06 | ぶらり | Comments(2)
静岡・その2/生桜えび
d0165298_953192.jpg

今回の静岡旅行、そもそものきっかけはジョンさんの「生の桜えびを食べたい!」でした。三島駅からJR東海道本線に乗って由比駅へ。事前に目星をつけていたというお店が蒲原ー由比のちょうど間にあるらしく、由比からなかなか歩きました。

そのお店は<食堂さくら屋>。由比駅前の道をまっすぐ歩いて大きな橋を渡ったあたりで川岸の砂利の上を歩いて高架下をくぐり、高速が並走するバイパスの上へ。蒲原方向へちょっと歩くとそのお店がありました。よく行き方探したなぁ。苦笑
でも評判に違うことなく、とっても雰囲気の良い店員さんとすっごくおいしい生桜えびの定食でした!やはり鮮度が大事なのね~。

GW中には<桜えび祭り>というイベントがありピークを迎え、その後6月から秋まで禁漁に入ってしまうんだそう。
瑞々しいピンクの体につぶらな黒い瞳がたまらん。でも小さいから、フィギュアとか作ったら誤飲の危険が伴うかぁ。

由比の町も古い建物がところどころに残り、古びた銅の色に歴史を感じました。
[PR]
by orangewords | 2013-04-29 09:58 | ぶらり | Comments(0)
静岡・その1/ビュフェ美術館
d0165298_14111245.jpg
先日、静岡の三島(正確には長泉町)へ、ずっと気になっていた<ビュフェ美術館>に行ってきました。以前横浜そごう美術館でまともにビュフェ作品を見て以来、ずっと行ってみたかったのです。<クレマチスの丘>と呼ばれているどうやらスルガ銀行の関連の複合文化施設で、ほかのいくつかの美術館とクレマチスの咲くガーデンとともにあります。JR三島駅から一時間に一本、無料シャトルバスが出ていてなかなか行きやすかったです。
<ビュフェ美術館>はつい最近22日にリニューアルオープンしたばかり。今なら40周年記念の立派な冊子をもらえます。併設している<ビュフェこども美術館>はまだ改装中で7/27にリニューアルオープンの予定だそうです。

ビュフェのあんまり色を使っていない絵が私は好きで、中でも銅版画のドライポイントが好き。また昆虫や動物のフォルムもどぎつくて素晴らしい〜。そしてビュフェを見るとなぜかカフカの<変身>のイメージと重なる。
ここ<ビュフェ美術館>はビュフェの作品を2000点も所蔵しているそう。今回の展示もたっぷりと作品を見ることが出来ました。すっきりした奇麗な美術館です。そしてやはりドライポイントの黒は良い。目の調整しました。文字も上手いなぁ。シンプルな線のリトもやはり素晴らしい。

緑いっぱいの丘の上にあるビュフェ美術館、みずみずしい空気に囲まれてすっごく良いところでした。また行きたい!同じくクレマチスの丘内の、ちょっと丘を下ったところにある<IZU PHOTO MUSEUM>もきれいで良さそうでした。各美術館とクレマチスガーデン+ヴァンジ美術館にそれぞれ入場料がかかります。もっと早い時間に行けばIZU PHOTO…も良さそうだったのだけど、時間もなかったのでIZU PHOTO…のミュージアムショップ<NOHARA>だけ入って、あとはゆっくり散策してシャトルバスを待ちました。
あんまりいいところだったからビュフェ美術館のミュージアムショップ<TREE HOUSE>にあるビュフェのポストカードをもうちょっと紙質の良いものにしてもらえると嬉しい…。その点、IZU PHOTO…のカードはさすがに美しかったです。けどビュフェのカードを見ていたら他のお客さんが「前に来たときよりカラーが増えてる!」と言っていたので、ん?以前はモノクロ写真だったの…?それに比べたらかなりの飛躍かな。

玄関口である三島は、富士山噴火の際に溶岩が到達した最終地らしく、穴の空いた黒い岩から富士山の地下水が最初に出て来る場所なのだそう。きれいな水に恵まれた緑いっぱいの良いところで、街づくりも自分たちのことをよく分かってらっしゃる!と唸ってしまうポイントを押さえた町になってました。また行きたくなる町と美術館でした。
[PR]
by orangewords | 2013-04-28 14:10 | アート雑記 | Comments(0)
春のヤマザキ《モルタル》祭り/ホルモンライブ
d0165298_12345942.jpg
「春」といえば「ヤマザキ春のパン祭り」なのか、行田のパン屋さん<翠玉堂>の前にもパン祭りネタのつぶやきが貼ってありました。うち(実家)は一時まさにその<ヤマザキパン>のお店をやっていたときがあったのであのお皿が丈夫なことも知っている…20年以上使ってる!

そして<モルタルレコード12周年アニバーサリー 春のヤマザキ《モルタル》祭り>at 熊谷Heaven's Rock!モルタルレコードのヤマさんことヤマザキさん企画。これを機に初めてモルタルへ行きました。熊谷元気だなぁ〜。

仕事中は色んなタイプの曲を聴いているけど、その中でもダントツで聴いているんじゃないかと思われるマキシマム ザ ホルモン。今確認したらトップ25が全てホルモンだった…もうちょっと別のひとも入ってると思ってたから自分でもびっくりした。

CDは聴いてたけども、前にFatboy Slimのライブでリタイア経験があるもので、体力が付いて行かないんじゃないかと思って一度も生を聴いたことがなかったホルモン。いつかライブ行きたいな〜と思っていたところに、熊谷にあるCDショップ・モルタルレコードの12周年記念企画<春のヤマザキ《モルタル》祭り>としてホルモンが熊谷でライブする!(w/UNISON SQUARE GARDEN)と知って、ついにライブへ行けました〜!
実家から近いとはいえ、現住所が東京なもので先行販売の抽選には漏れてしまって、一般販売も案の定玉砕したのだけど、その後キャンセル分のチケット販売をHeaven's Rockでしたときにちょうどその時HRに行っていたこずえちゃんがゲットしてくれたのでした〜〜。今年は本当にお世話になってます…。(あ、そろそろマカロンケース聞かなきゃだった)

満員の350人のハコ。まずはユニゾン。音楽に疎いので聴いたことないかもと思ってたけど、工房でラジオをかけてるせいか聴いたことある曲もあって聴けて良かった!明るい爽やかな声に、曲の幅が広かったです。

ホルモンが始まるとすぐに芋洗い状態に…。おぉ…。ぶつかりまくっていても顔は終始ニヤけてました。コンタクトを持って来るのを忘れてメガネ参戦だったものでメガネをお守りしつつも、やがてメガネが曇ってきたときにはキターッ!と思いました。(ポッドキャストでときどきライブでのメガネ曇りネタを聞いてたから…)汗びっちょりだったけど、空調効いてたからかリタイヤせず最後までいられてヨカッター。炎天下の被災地ボランティアの労働のが大変だったかも。鍛えられたのかな?行っといて良かった。笑 最後は空調効き過ぎということで空調を切って蒸し蒸しのアンコール。が、これもまた(blogが前後しますが)今朝の浜松のビニールハウスのサウナ状態のが破壊力が凄まじかったという…だからか乗り越えられた。ありがとう浜松!

早く新しいアルバム出ないかなぁ〜。

*ホルモンTシャツ買いました〜。汗の染み込んだ石城てぬぐいと。
[PR]
by orangewords | 2013-04-25 23:59 | ぼそっと | Comments(0)
ぎょうだ蔵めぐりまちあるき2013(行田)
d0165298_1045615.jpg

「のぼうの城」「石城日記」の舞台である忍城下・行田市の町を着物を着てぶらりと歩いてみませんか?毎年5月の第3土・日に開催されて今年で9回目です。
---------------------------
2013年5月18日(土)19日(日)
10:00~16:00(19日は〜15:30まで)

↓詳しくはNPO法人足袋蔵ネットワークサイトとblogにて
http://www.tabigura.net/

スタート地点の「ぎょうだ町づくりミュージアム」にて受付(参加費200円)すると
スタンプラリーへの参加とレトロなボンネットバスへの乗車が出来ます。
*着物で参加すると参加費は無料&足袋とくらしの博物館でのMy足袋作り1000円割引券がもらえるそうです。
---------------------------
晴れると良いですね〜
[PR]
by orangewords | 2013-04-22 10:48 | ぶらり | Comments(0)
チャリティーご報告
d0165298_1213685.jpg

目白のブックギャラリーポポタムさんからチャリティーのご報告をいただいたのでお知らせします。
作品の売上や展示への参加費の一部等にオーナーのポケットマニーを合わせてぴったりの金額にしています。

-----------------------------------------------

◎認定NPO法人IVY に16万円
http://ivyivy.org/
福島から避難している親子の支援や就労支援をしているそうです。

◎HelpJapan.Be に17万円
http://english.helpjapan.be/
Facebook page
http://www.facebook.com/groups/123390297735600/
南相馬市を中心に地道に炊き出しや瓦礫の撤回作業やペットの里親探し等を行っているそうです。


★以下ブックギャラリーポポタムさんからのメールより抜粋

どちらも小さな団体ですが
今回のみなさんのチャリティーをきちんと活用してくださると考え
売上げの40%を、半分ずつ寄付したいと思います。

HelpJapanBeのDirk BLEYSさんより、(作家の)コクリコさんを通じて
「このような沢山のあたたかい気持ちをお寄せいただいて、
強く感動し、こうしたアクションをこころから感謝しています。
これからも国境を超えて、人と人、アートとチャリティーを繋いでゆく活動を
広げてゆけたらと願っています」とのメッセージをいただきました。

-----------------------------------------------

池袋経済新聞さんのWEBにも取材していただいたお陰で沢山の方にお越しいただけてこれだけのチャリティーを送ることが出来ました。嬉しい!どうもありがとうございます。
作家やみなさんから集まったお金をきっと有意義に使っていただけると思います。チャリティー展にお越しいただきどうもありがとうございました。
[PR]
by orangewords | 2013-04-20 12:12 | 銅版画制作 | Comments(0)
久しぶりに染め物
d0165298_22401971.jpg

夏に予定している雑貨展の予行練習で、久しぶりにアイロンカラーを引っ張り出してきました。7~8年前にステンシル方式で豆足袋柄の手ぬぐいを作ろうと思って材料を買って途中で挫折。思ったより時間かかっちゃって。その後「スタンプ方式ならやりやすいかも」と一旦は使い(福岡でのfuroshiki展に出品)、そこから数年経った今、それをまた踏まえて今度こそはステンシル方式をやり遂げられそうかな…と試してみることにしました。
場所が広くないとやりにくいんですよねぇー。…それはいつも物が大きめなせいか。手ぬぐいとか、風呂敷とか。
結果は、もうちょっと再考の余地あり。予想はしてたけど、時間がかかってしまって、このままでは値段が恐ろしいことになってしまう!

久々にアイロンカラーを使って気がついたけどアンモニア臭がするんですね。今まで気がつかなかったのか、すっかり忘れてるだけなのか。特にあまった原液をビニール袋に入れてゴミ袋に捨てたのが、丸一日経ってからすごく臭いがしました。発酵しているようです。
もちろん染め終わって色を定着させた布地からは臭いません。ご安心を。

それにしてもDMに載せる写真のことを考えてたら妙に焦って予行練習をこの時期にしてしまったけれど、思えば2月にこずえちゃんと作ったマカロンケースがあるんだった。時間ないときに焦らずとも良かったものを。最近こんなんが多いです。しかしありがたや、マカロンケース。
[PR]
by orangewords | 2013-04-18 22:41 | その他制作 | Comments(0)
恩賜上野動物園
d0165298_23431852.jpg
ひつじ撮影会。毛狩り前のこのタイミングで念のため撮影してきました。毛狩り間際の時期のせいか、毛がちょっと汚め。秋頃またトライですね。
[PR]
by orangewords | 2013-04-16 23:44 | ぶらり | Comments(0)
チャリティー展終了しました
d0165298_17455355.jpg

目白のブックギャラリーポポタムでの<66人改め75人のチャリティー展>、無事終了しました。震災から2年経ち、「なんのチャリティー?」との声も聞こえる中、どのくらいの関心があるか不安もありましたが、たくさんの方にお越しいただけて、とっても嬉しいです。

今日は搬出をしてきました。大人数なので展示作業も大変ですが、片付けもなかなか時間がかかるので搬出は3度に分けて行っています。(ラスト明日のひと、がんばってください〜)

チャリティーの金額と寄付先は追ってお知らせしたいと思います。

*写真は今回展示した岩手の木片フレーム入りの銅版画。花びらを雁皮紙と洋紙の間に挟み込んであります。ed2/20をこのあと4月下旬の出張ポポタムin京都は出町柳へ持っていっていただけることになりました。
[PR]
by orangewords | 2013-04-15 17:45 | 銅版画制作 | Comments(0)
チャリティー展あした14日までです
d0165298_114251100.jpg

目白のブックギャラリーポポタムでのチャリティー展、いよいよ明日14日(日)までです。最終日も19時までの通常営業となります。
お陰さまで沢山の方に足を運んでいただいているようです。ありがとうございます。
展示即売なので最終日近くなって作品は減ってきていますが、わたしも含め途中で作品を追加しているので、展示の見応えは心配ご無用です。
土日のご予定がなかったら、ぜひお越し下さい~

*画像は搬入時の様子です。今現在は売り切れている作品もあります。
-----------------------------------------
<66人のチャリティー展>
2013年4月5日(金)〜14日(日)*4/11(木)休み
12時〜19時 *金曜日〜20時まで

場所:ブックギャラリーポポタム(目白)
171-0021 東京都豊島区西池袋2-15-17
http://popotame.m78.com/shop/

2011年よりつづくチャリティー展を今年も開催します。
作品売り上げの40%を東日本大震災遺児と東電原発事故被害者の支援活動に寄付します。
-----------------------------------------
[PR]
by orangewords | 2013-04-13 11:43 | 銅版画制作 | Comments(0)