<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Tシャツくんで抜染・2
d0165298_0393967.jpg

さて今回は藍染した4枚の手ぬぐい1枚につき一カ所に抜染を施します。Tシャツくんで20cm角の図案を製版しました。ちょっと多めに抜染剤を作ろうと思い、購入した<藍模様糊 綿白抜 CW型用 200g>のうち半分ちょっとを使いました。ハイドロがすごく粉っぽくてちょっとの動きで結構舞います。お店のお姉さんにはゴム手袋の着用をお薦めされましたが、マスクも着用したほうが良さそうです。吸い込むとすっごいむせます。いつまでもむせます…(うがいして誤摩化しました)

More
[PR]
by orangewords | 2013-09-29 00:39 | その他制作 | Comments(0)
Tシャツくんで抜染・1
d0165298_1424754.jpg

Tシャツくんの期限切れて6年経つスクリーンがやはり役には立たないと判明した後、ひとまず抜染剤を買いに<田中直染料店>(渋谷店)へ。牧禎舎に残っていた塩素系の抜染剤もいくつかあるのだけど、ネットで調べたら塩素系でなくて布に負担のないタイプの<藍模様糊 綿白抜 CW型用>というのがあるそうで、それがお目当て。店員のお姉さんに色々聞きつつ、一応…と思い「Tシャツくんを使おうと思って」と伝えたら「良いですね!」との返事が。ばっちり使えるそうです!嬉しい?!シルクの原理に詳しくないからスクリーンが何を通して何を通さないのか分からなかったので、使えると分かって安心しました。

ついでに聞いたら<藍模様糊…>も<塩素系抜染剤>も保管してるうちに中身が徐々に固まって来てしまうらしいので、もしかしたら牧禎舎のもちゃんと開けてチェックしたらもう固まってるかも…一年以上経ってるし。
<藍模様糊…>にはハイドロを少量混ぜて使うのだけど、このハイドロも密封している状態でも徐々に分解して効力が薄れて行ってしまうそうで、必要なときに必要な量だけ買うのが基本とのことでした。そう思うと、一番少量で販売してるものでも量が多く感じるなぁ。1/3でも充分かも。<藍模様糊…>はとりあえず200gのをひとつ購入しました。あとはハイドロを測るための小さな計量スプーンをひとつ購入。

Tシャツくんのスクリーンもちゃんと新しいものを購入。スクリーンはこれまでTシャツに使用していたのと同じ120メッシュにしました。
以上で道具は全て揃い、次はいざ抜染作業へ。
[PR]
by orangewords | 2013-09-28 14:26 | その他制作 | Comments(0)
アワガミ国際ミニプリント展
d0165298_12221784.jpg

応募していた<アワガミ国際ミニプリント展>にて入選いたしました。展示ではすべての応募作品を見ることが出来るそうです。

-----------------------------------------
<アワガミ国際ミニプリント展>
2013年10月12日(土)〜11月10日(日)
9時〜17時 *月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日火曜日休み)
入場料:大人600円、小中学生300円(和紙会館入館料含む)

場所:いんべアートスペース(徳島)
779-3401 徳島県吉野川市山川町建石16
http://miniprint.awagami.jp/

同時開催で<阿波紙と版表現展>を開催しています。
-----------------------------------------

わたしは葉書よりちょっと大きいくらいの銅版画を出品しています。ワークショップや講演なども充実していてとても面白そうなのですが、わたしは伺えそうにありません。
お近くの方ぜひお越し下さい〜。
[PR]
by orangewords | 2013-09-27 12:36 | お知らせ | Comments(0)
Life+展終了しました
d0165298_2324578.jpg

西金沢の雑貨屋さんepis(レピ)さんにて開催していた<Life+展>、お陰さまで9/16(月祝)をもちまして終了いたしました。一ヶ月ちょっとという長めの展示でしたが、なかなか行ける場所ではなかったのでお店の方にお任せしきり。大変お世話になりました。これを機に、金沢旅を味わえたのもとても楽しかったです。

私としては、いつものEQIP企画よりも自分でこなす部分が多かったので、大慌てで至らない点も多々ありまして。でも作家さんたち、レピさん、企画協力のファーストライトさん等々みなさんの暖かい目と手助けでなんとか大失敗はやらかさずに終えることが出来たと思います。
実はまだ作品の発送途中なのでこれから数日やらかさないようにがんばります!あとは支払いだけ〜。これも重要なので…算数苦手なので気をつけます。

なかなか終了のお知らせですら更新出来ない日が続いておりますが、ひとまずご報告まで。

*画像はレピさんにて。私が出品していた一筆箋と藍染手拭いです。
[PR]
by orangewords | 2013-09-22 23:25 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(0)
STITCH SHOW
d0165298_143563.jpg

スパイラルホールで開催されていた<STITCH SHOW>へ行ってきました。同名の刺繍本の出版記念展覧会で、友人でフェルト作家のYurinokoが出品しているのです。刺繍がテーマだけどフェルト界からひとり参戦。素晴らしい!
みなさんのアイデアと芸がとっても刺激になりました。

そんな中、つい先日金沢でフライヤーを置かせていただいたお店にあった刺繍ブローチがあるではないですか!(写真右下)プロフィールを読んだら、どうやらそのお店の店長さんの作品だったみたいです。すごいー。ポンポンしててかわいいですよ。
この夏は田村智美さんの和紙を見に行った工芸展で和刺繍の繊細さに触れ、一本線の集まりが気になっているのでした。自分ではとてもじゃないけど無理!でも見るのは好き。

刺繍もフェルトも良いな。販売されてる小物類もかわいかったです。そもそも物に落とし込みやすいのも身近に感じられて良いですね。
[PR]
by orangewords | 2013-09-15 23:59 | アート雑記 | Comments(0)
Life+展行ってきました
d0165298_14395221.jpg

10日ほど前のことになりますが、西金沢の雑貨屋さん<epis(レピ)>さんにて開催中の<Life+展>へ行ってきました。写真はそのときに撮影したものです。

EQIPとしても私としても初めての金沢での展示販売です。金沢といえば、伝統工芸のカッコいい町のイメージがあるので、楽しみの反面、伝統工芸とは全く別物の(一部、工芸よりの作品もありますが)この展示がどんなふうに感じてもらえるのかどこか少し心配でもありました。

けれど地元の方にはちょっと変ったものだとか、ひとつしかない作家モノとか、伝統工芸とは違った面白いものやかわいいものに多少なりとも興味を持っていただけるようです。

夏真っ盛りの頃に始まった展示ですが、すっかり秋の気候となっていよいよ後一週間となりました。16日(月祝)夜8時までです。夏っぽい作家Zakkaが目立ちますが、季節関係のないものも沢山ありますのでこの機にぜひ足をお運びください。店内にはちょっと一息つけるカフェカウンターもありますよ。

-----------------------------------------------

<~手作りアート雑貨のある暮らし~ Life+(らいふたす)展>
2013年8月17日(土)~9月16日(月祝)
11:00-20:00 無休

場所:「レピ」
石川県金沢市八日市5-562
tel.076-240-7020
http://epis.jp/

参加作家:
朝比奈圭子、石橋佳子、小山ゆうこ、硝子吉、cocoroGRABEE、三階朝子、
時任亜矢子、中井絵津子、永島幸子、野口あき子、野口洋二、橋本尚美、
保坂優子、まさなりみゆき、松本里美、溝上幾久子、村西恵津 (計18名)

-----------------------------------------------
[PR]
by orangewords | 2013-09-10 15:08 | EQIP-版画展企画ユニット | Comments(0)
ぶらり小松・その2
d0165298_0391976.jpg

小松駅からほど近い場所にある<宮本泰山堂>さんへお邪魔した日、午後から私も九谷焼の絵付け体験をさせていただけることになりました。絵付けするのは小学生や中学生以来じゃないでしょうか。昨年からZakka展に出品しているので今度は器の絵付けでも…とは考えてましたが、まさか九谷の絵付けとは思ってもみなかったので行き当たりばったり。
しかも九谷焼は子供のときにやった絵付けとは違って、上絵の具という泥のような(色はうすいオレンジや白っぽい色です)のを筆で乗せて描きます。基本的にはまず呉須という焦げ茶色っぽい粉のようなのに水を少し混ぜて溶いて筆で器に絵を描きます。その後に九谷の五彩となる上絵の具を筆でこんもり乗せて行くんですが、このとき筆が先に描いた呉須に触れると呉須を消してしまうので、上絵の具は筆が呉須に触れないように盛っていくかんじなのです。上絵の具の出来上がりは七宝焼きのようになります。

一日目はこんなふうに乗せたらどんなふうになるのかな?のお試しのようなので終了しました。一日楽しかったです!
この日に作業したものはちょうど他の焼き付けとタイミングがあったのか、すぐに焼いてくださって朝には焼き上がっていました!実験の結果が…分かったような分からないような…。
せっかくの機会だったのでもう一泊延泊して、2日間絵付け体験させていただいたのですが、一日目は筆を使って絵を描いて、なんだか緊張して自分の絵ではないような仕上がりだったので(筆使うのは書き文字のときとかおじさんの顔描くときくらいなので…)2日目は竹串を多用してニードルに近い感覚で製作してみました。薄くグランドのように呉須を敷いて、それを引っ掻くように削って描いていきました。この作業のは焼き付けは後日だったので、どうなったかは出来上がってからのお楽しみです。

写真は2日目の作業分。左ふたつは、蔵の中でお皿を探していたらかわいい花の絵が描かれた昔のお猪口があったので、それに加筆してみたのですがかわいく出来てればいいなぁ。終わってみてから今思うとこんなの作れば良かったっていうのが出てきますね。また機会があったらぜひ再チャレンジしてみたいです。

ちょっとの時間でしたが作業してみて、これは続けていくと自分のオリジナルの形の器が欲しくなってくるんだな、と感じました。その点、泰山堂さんは4代目のリカさんが陶芸が出来て窯もあるからオリジナルの形の器も製作していて、すごく広がりがあって良いですよね。
生地やさんもきっと時代にあった形の器を考えて提供していくのでしょうね。
[PR]
by orangewords | 2013-09-04 23:59 | ぶらり | Comments(0)
ぶらり小松・その1
d0165298_13334633.jpg

ちょうど私が石川県にいるタイミングで、絵本作家で木口木版をされている早川純子さんが小松にある九谷焼の商店兼窯元の<宮本泰山堂>さんへ絵付けをしに行かれると聞いて、窯元見学をさせていただけることとなりました。
<宮本泰山堂>さんは元々は九谷焼の商店として販売をされていたらしく、小松駅から徒歩2分の劇場<うらら>内にある観光案内所で道を聞いたときにも「お店ですね」と案内の方がおっしゃりました。(ちなみに小松空港やうらら内でも<宮本泰山堂>さんの九谷焼を買えます)
<宮本泰山堂>さんの出入口はそのお店でした。実際にはすごく長〜い町家なので、道から道まで商店兼工房兼ご自宅が繋がっています。友禅染めの先生のお宅も反物を扱うから長い土間があったけど、この町家の長さはすごいですね。面白いなぁ。(こんなページ見つけました→絵付け体験

More
[PR]
by orangewords | 2013-09-03 23:59 | ぶらり | Comments(0)
ぶらり金沢・その2
d0165298_10401715.jpg

秋雨前線による大雨の朝…夜中に雨の音で目が覚めたくらいの風雨でした。この日の午前中はひとりで兼六園へ。お目当ては園内にある石川県立伝統産業工芸館です。あとはノープランの金沢2日目。

More
[PR]
by orangewords | 2013-09-02 23:59 | ぶらり | Comments(0)
ぶらり金沢・その1
d0165298_23314647.jpg

西金沢のレピさんでの展示・Life+展の開催に合わせて、一人旅で金沢へ行ってきました。金沢は子供の頃に家族旅行で通っただけ。専門学校時代の友人で石川県在住のSおりに小松空港まで迎えに来てもらい、一緒に金沢を巡ってきました。
せっかくなのでLife+展のちょっとしたチラシも持参して、雨の金沢へ〜

More
[PR]
by orangewords | 2013-09-01 23:59 | ぶらり | Comments(0)