<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
東京バレエ団創立50周年<祝祭ガラ>
d0165298_1215351.jpg

NHKホールへ東京バレエ団創立50周年<祝祭ガラ>を観に行ってきました。お目当てはシルヴィ・ギエムのボレロ。来年には50歳になるギエム、そろそろボレロを踊らなくなってもおかしくはない…と思っていて、気にしていたので今回チケット取れて嬉しいです。

その後、ギエムは2015年いっぱいでダンサーを引退すると宣言。ボレロどころじゃなく、バレエさえも見られなくなっちゃうんだなぁ。私としてはなんとなくピナ・バウシュみたいに踊れるかぎり舞台にいる人のイメージを持っていたようです。

今回のボレロを見て、きっと引退までピークを保っていられるのだな、と確信しました。ピークを越えるときは表舞台からは姿を消すときなのだ。ボレロはあの単純で主役にだけ目と意識が集中するような舞台と、これまた単純で、でもどんどん盛り上がって行く音楽と、ベジャールのインパクトのある振り付けと、シルヴィ・ギエムのカリスマが揃うことで素晴らしい総合芸術になれるんですね。ジョルジュ・ドンのあとに女性のギエムが現れたのは幸運だな。ほんとかっこよかった〜!

ボレロ以外の演目では、昨日観た<バレエ・リュス展>で衣装展示されていて粗筋も読んだ<ペトルーシュカ>を見られて嬉しい。熊は出て来たけれど「熊が二匹追いかけっこ」ではなかったり、ニジンスキーの衣装との違いも今だから分かったり、変わり身の術まであったり。
<オネーギン>は第3幕のみだったので短かったけれど、麗しかったです。ルグリさん、化粧映えしますね。
クラシックバレエらしい<ラ・バヤデール>は暗い背景に白い姿が映えてとっても奇麗でした。

またロビーにはこれまでの公演のポスターの一部を展示していて、中でも写真の'71 西ドイツ公演のシンデレラのポスターがかわいかったです。シンデレラだけどなぜか鳥。翼の中の白い部分は踊るバレリーナ達の写真になっています。

More
[PR]
by orangewords | 2014-08-29 23:59 | アート雑記 | Comments(0)
魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展
d0165298_0102211.jpg

国立新美術館<魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展>を観に行ってきました。

バレエは美しいオルゴールのような小箱を覗いている気分になる。そんな時間を昔の人もお金と時間を注ぎ込んで求めていたのですね。バレエは演劇と違って、言葉に頼らないから世界共通言語というところも興味深いです。あの伸ばした身体の気持ち良さ!見ていると体を動かしたくなるんですよねぇ。

展示の最初のところにジャン・コクトーによるポスターがありました。ぱっと見ではコクトーと分からなかった。強いて言えば水色がらしさを感じる。バレエ・リュスは主宰のセルゲイ・ディアギレフにより前衛アーティストが衣装や舞台を手がけるなどし、新しいバレエ、新しい芸術として影響を持っていたそうです。

バレエというより演劇の人の衣装っぽかったり、一見紙細工に見えるものがあったり…。結構「ペイント」で布に直接絵を描いて模様にしていたりしていたのも面白かったです。日本にもたまに帯でそういうのあるなぁ。

中でもニジンスキーの牧神姿(写真のみだった)とタツノオトシゴ&イカ、プードルなど動物モチーフの衣装が面白かった。フライヤーに掲載されていたスカートの衣装も色使いなどが素晴らしかったけれど、これがニジンスキーの青神の衣装だったというのがもっと驚き。写真を見たら似合っていた…。バクストの絵だけ見るとスカートに見えなかったから不思議。

衣装以外の部分では<頌歌>のプログラムの表紙に緻密にびっしり空けられた穴がすごい…。針でつついたかのような穴。プログラムってことはこれがみんなに配られたの?剣山みたいなもので空けたのかなぁ。

図録を購入したら、長谷川潔の木版も掲載されていました。
[PR]
by orangewords | 2014-08-28 23:59 | アート雑記 | Comments(0)
足袋蔵昔体験セミナー2014
d0165298_8375188.jpg

NPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワークの夏のイベント、8月2・3日とで開催された<足袋蔵昔体験セミナー2014>のお手伝いをしてきました。2日間、暑い中、盛りだくさんのスケジュールを子供たちもこちらもこなして充実の2日間だったと思います。夏休みの良い思い出になったんじゃないかな?

実家の近所での開催ということもあり、ママの中には同級生の姿も。ご参加どうもありがとう!ひょっとしたら、私たち親世代よりもこの2日間で行田に詳しくなったと思います。
[PR]
by orangewords | 2014-08-05 08:54 | ぶらり | Comments(0)