<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
本 大好き!ブックカバーと蔵書票展
d0165298_1354649.jpg

蔵書票での参加になります。3人の作家による藍染・江戸刺繍・革のブックカバーと永島の銅版画の蔵書票が並びます。

-----------------------------

本 大好き!ブックカバーと蔵書票展

2015年2月17日(火)~22日(日)
11時~18時 *最終日17時まで

かぐらざか五感肆パレアナ
東京都新宿区白銀町1-2 【地図】
TEL.03-3235-6951

ブックカバー…鈴木道夫(藍染)、若林和子(江戸刺繍)、鮎藤革包堂(革)
蔵書票…永島幸子(銅版画)

-----------------------------

展示は神楽坂界隈のお店やギャラリーにて本にちなんだイベントを開催する「第4回 レラドビブリオテック」の一環です。ぜひ神楽坂散策にいらしてください。
[PR]
by orangewords | 2015-01-30 13:10 | お知らせ | Comments(0)
小さなメゾ版、目立て中
d0165298_1411863.jpg

先日から蔵書票用に小さな版を目立てし始めました。といっても、以前同じ工房の方からいただいた市販の目立て済みの銅板を下地にしています。販売されているものはそれを刷っても黒にはならず、ちょうど50%くらいかなぁてかんじのグレーに刷り上がると思います。それなので、今回は時間もないので市販のものにあと半分目立てを自分で加えています。
ベルソーは高いので、中くらいの1サイズしか持っておらず、仕方なくそれを使用してます。ほんとはこんな小さな版にはもっと小さなベルソーが欲しいです!(あれ?でも以前ミュゼ浜口陽三で見た映像では、陽三さんが小さい版のときもこのサイズのベルソーを使用していたような…。こういう版のときは幅は関係ないのかな)

ルーレットを使えば良いのかな…とも思いましたが、想像がつかない。池田満寿夫さんは目立てにルーレットを使っているようですが、ルーレットでよくあんなに大きな面をきれいに均一に出来るなぁと別次元すぎてただ感心することしか出来ませんー。
[PR]
by orangewords | 2015-01-25 01:41 | 銅版画制作 | Comments(0)
造形大卒制展2015
d0165298_0312398.jpg

造形大の卒業制作展へ行ってきました。初めて行ったのですが、土日の2日間しか開催してないのですね。もったいない。

造形大は、初めてブックギャラリーポポタムさんで蔵書票展を開催したとき、参加してくれた銅版画の坂本久美子さんや木口木版の廣瀬理紗さんが在籍していた美大。坂本さんはEQIP(私も参加している版画展企画ユニット)リーダーの濱やんが作品を見初めてスカウト(笑)してきてくれた方なのですが、坂本さんをはじめ濱やんの紹介してくれる造形出身者のセンスがとても好きで、昨年の町田市立国際版画美術館での大学版画展でも良かったので、卒制見てみたいなぁ〜と思っていたのでした。
濱やんから「近々卒制あるよ!」とお知らせもらい、いそいそ行き慣れない場所へ行ってみたのでした。

卒制のロゴはリトかな?その辺りからも版画の元気が良いことがうかがえます。どこから見たら良いか分からないでいたら、ちょうど門馬先生が現れ、版画の場所を教えてくれました!すごく助かりました〜。版画科はなく、絵画になるようです。

大学版画展でも思ったのだけど、シルクの人口がかなり増えたし、思わず眼に留まる素敵な作品が増えた気がします。(そういえば木口とメゾはいなかったなぁ)小さな版から大きな作品を作り出す方法も、目からウロコのものもあったり。いろいろ学ばせてもらいました。

時間の関係で全ては見られなかったのですが、版画のほかに面白かったのはテキスタイル。プリントっていうだけじゃなく、折り方とかの布地自体の表現が良かったです。それなりの機械がないと出来ないのかしら〜?いいなぁ作ってみたい。
あと個人的に彫刻の作業場が好きなので、彫刻(と建物)も観て来ました。ここのはちょっと寒そう…。

来週はそんな藝大の卒制週間です。昨年は行けなかったので今年は行けたら良いな。
[PR]
by orangewords | 2015-01-24 23:59 | アート雑記 | Comments(0)
アーツ&クラフツinぎょうだ2015
d0165298_123367.jpg

出展はしないのですが<アーツ&クラフツinぎょうだ2015>のお知らせです。ポスターとちらし制作などお手伝いをしています。

会場となる<牧禎舎>は昭和初期の足袋・被服工場とその工場の事務所兼母屋です。藍染体験工房も併設されています。
昨年のアーツ&クラフツでは牧禎舎をリニューアルし、外も中もきれいになったお披露目でもありました。きれいになった牧禎舎は、これまで同様、展示やイベントなどに貸し出しもしますが、アーティストシェアハウスとして工房として活用していただけるようになっています。
今年はその最初の利用者であるバッグ作家の<gra…>さんの工房兼ショップにてバッグの展示販売を行っていると思いますので、こちらもぜひお楽しみに。
人が集まっていると、工房として利用するビジョンも涌きやすいと思いますので、この機に見学がてら遊びに来て下さい。

-----------------------------------

アーツ&クラフツinぎょうだ

2015年2月22日(日)
10時〜15時
会場:牧禎舎
埼玉県行田市忍1-4-11

主催:NPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワーク
問合せ先:048-552-1010(足袋蔵まちづくりミュージアム)

http://www.tabigura.net/

-----------------------------------
[PR]
by orangewords | 2015-01-17 01:21 | お知らせ | Comments(0)