人気ブログランキング |
切手ーふるさと心の風景ー
d0165298_2582452.jpg

切手のデザインは海外のものや古いものを見ると素敵なものが沢山あって良いのですが、
実際に使うとなると選べるものに制限が出てきますよね~。
ここへきて一気に少し前の切手(印刷されてる価格で購入出来る少し古い切手)が手に入りにくくなりました。
昔発行されたものには数に限りがありますからね…復刻して欲しいものです。なんとなく手持ちのものを確認すると90年代までは素敵な趣きのがちらほらあるように感じます。

なかなか新しいデザインの中にはぐっとくるものがなくて困っていて、ある時に買っておいたりするのですが…それも最近品切れ中。
そんな中、ちょっと趣向は違えども、かわいい切手を発見。「ふるさと 心の風景」切手です。





ちっこい人々がかわいい。絵の中のほとんどを風景の色が占めていて、配色もきれい。原画は原田泰治さんだそうです。調べてみたら、2009年発行でした。当時は気がつかなかったかピンと来なかったのか…。お祭りの柄です。原田泰治さんはシリーズで切手が出ているようで、これは第6集でした。今年の12月には第8集が出るらしい。(郵便局のサイトで確認)でもお祭りが一番かわいいなぁ。アマハゲ(ナマハゲに似ているお祭りらしい)が子供を驚かしている様子とか、鯉のぼりの形とか、小さい人たちがたくさん集まってるのがなんだかかわいいのだ。
そしてこの第6集はシート売りで全部違う柄の80円切手が10枚入って800円。シートになっていると、みうらじゅん氏の「カスハガ」の法則のように「カス切手」がどうしても1~2枚入ってたりするのが大問題で、これがあるだけで買うのをためらったりしてしまうんですが(私だけ?)これはどれもかわいい!です。
久々満足です。
by orangewords | 2010-10-23 03:00 | 雑貨ほか | Comments(0)
<< リフレッシュ〜砧公園 正成美雪展 部屋干し >>