共存vol.12 出来ました!
d0165298_15181234.jpg

先月、グラフィック雑誌<MdN>に掲載されたフリーペーパーを印刷しました!
MdN内ではフルカラーで制作していましたが、今回はちょっと趣向を変えてレトロにクラフト紙に3色刷り。
印刷所は今人気のレトロ印刷JAMです。少ない枚数から安く刷ってもらえるのでとても有り難いです。

誌面上でお披露目したフルカラーのときと印象が違うでしょうけれど、蛍光オレンジ使ったりとまた違った楽しさが出ました!
しかし…一旦フルカラーで制作したものを3色に置き換えてデータを作り直すのは意外と手間がかかりました。頭使った。最初から3色と決めていれば自由に感覚的な制作が出来ると思います。




ベタ面も多めだったので重ねた際の汚れも懸念されていたのですが、結果あまり汚れることなく良かったです。もっとも裏面が汚れるのはあまり気にしてなかったので印刷そのまま進めてもらったのです。
この印刷はリトのように完全に乾く、ということはなさそうで、折る際に手にインクが結構つきます。(今回これも了承済みだったのでこちらで印刷しました)
一応、フリペを折りつつインクを"なびってしまう"ようなことはなかったのですが、バッグの中などで何か強く擦り付ける等するとインクが着いてしまうことはあると思います。

臨時発行的に制作した共存vol.12。あまり枚数を刷らなかったので今回はカフェなどの店頭配布はほぼない予定です。その代わりこれまで通りの郵便でのお取り寄せはお受けしていますので、もし興味のある方いらっしゃいましたらこちらを読んで頂いてからメールください。

ちゃんと裏面のブックカバー用の模様もプリントしてあります。文庫に巻き付けて…なかなかジャストフィット!です。

郵便でのお取り寄せ以外に、来年1/12~のポポタムでの展示<BOOK METRO>にて私が在廊のときは数部持って行こうと思っているので、もし会場に来られた方でフリペご希望の方がいらっしゃいましたらぜひお声かけ下さい~。
[PR]
by orangewords | 2010-12-03 15:18 | お知らせ | Comments(2)
Commented by eggdance at 2010-12-03 16:36
いいですねー!
色によっては文字が見えにくくなりそうだけど、使いこなせるようになると
いろいろ楽しめるね。
いただいたもの、読み終わったのでさっそく中古で買った汚い太宰治「右大臣実朝」包むのに使わせてもらいました。GOODだす
Commented by orangewords at 2010-12-03 22:56
ありがとうございます!
やっぱりちょっと白抜きの文字が読みづらくなりますね。
今回写真は基本一色でした。こういうかんじの色の付け方で良かったら「使い勝手の悪い…」も少しは楽にデータが作れるかも。
<< 神保町ぶらり版画探訪1 呂古書房編 駒井哲郎作品展 2回目 >>