震災から9ヶ月
d0165298_13514188.jpg

被災地に寒い冬がやってきました。そしてここからは東北の冬は長そうだし、震災一年に向けての冬のような気もします。
今日は被災地の雇用問題の記事をネットで読みました。わたしは復興宝くじ当てて何らかの雇用に使ってみたかったなぁ〜。当たった方はどんなことに使われたのかな?

私の身の回りでは先月にも工房仲間の方が被災地へボランティアに行かれました。側溝の泥だしをされたそうです。今でもそういう作業が続いているんですね。
この頃はクリスマス展の準備で忙しなかったので、ボランティアのお話を久しぶりに耳にして東北の現実を改めて感じました。クリスマス展の準備に夢中だった自分にちょっと揺らぐものがあったけど、でもクリスマス、年末、年始…せめて東京から元気出していこう!クリスマス展は楽しく出来るようにがんばりますよー。

昨日は実家の母から電話があり、母が習っているお茶の関係の方が石巻に振袖を寄付・貸し出しをするプロジェクトに参加されてるそうで、私の振袖はまだ袖を切ってなかったので一式貸し出しすることにしました。さすがに寄付は出来ない!ごめん!
振袖にしては渋いから気に入ってもらえるか分からないけど、私のお気に入りの振袖です。帯締めもすごく素敵で、振袖の写真撮影のときには着物屋さんが腕を振るってこの帯締めを水引のように大輪の花風にアレンジして非常にめでたく結んでくれました。
成人式の振袖姿は東北を華やかな気持ちにさせてくれると思います。ぜひ振袖着て欲しいな。

東京の冬は夏ほどの節電はないみたいです。ところどころ間引き照明とかしてるのを見かけますが、電気予報みたいなのも表立ってやらないし。2013年春には原発再開とかってネットの記事を先日読みました。城南信用金庫みたいな企業がもっと出てきて原発再開しなくて済むと良いな。それを決断出来るのは今大人の人たちなんだ。私は立場や存在は弱くて幽かなものだけど決断権のある人たちが出来るだけすんなり決断出来るように微力ながら後押ししなきゃならないですね。

*写真は5〜6年前にカフェ閑居での振袖撮影会のときにとっくに成人してたけどついでに撮影してもらったものです。着付けはいつもの伯母作。
[PR]
by orangewords | 2011-12-11 13:53 | ぼそっと | Comments(0)
<< キャプション製作と… 額縁選び >>