カテゴリ:ぼそっと( 55 )
夏の被災地ボランティア・用意
d0165298_19102944.jpg

とりあえず自分に出来るかもしれないことをやるしかないので2回目のボランティアに行くことにしました。前回は6月上旬にトップツアーと地球の歩き方の企画したツアーに有料参加。初心者向けに配慮されていて初めてでも瓦礫撤去作業をなんとかして来られました。*その後、夏向けに作業を少なく(短い日程)にしたり、バスをトイレ付きにしたり、低価格で参加出来るように被災地に近いところからの出発便を増やしたりと改善が進んでるようです。

暑いのは苦手なので、夏は大変だろうなぁ~と思ってはいたのですが…なんとなく日本の政治家がふがいないのでせめて小さくとも自分に出来るかもしれないことをと思って真夏にボランティア申し込んでしまいました。体力がちょっと心配だけど、前回行ってみて「ひとりの力は小さくとも人数が大事」と痛感したので。ツアーの申し込みも夏休みはきっと学生ですぐ定員に達するだろうと高を括ってましたが、これがなかなか「定員に達しました」とはなりません。(学生…海外旅行も良いけど夏休みにボランティア行こうよ!きっとすぐにでも自分の人生に役立つと思うよ~。被災地のお役にも立てて一石二鳥ですよ)そんなわけで定員に空きがあるくらいなら私なんかでも行った方が良いよねーと思うのでした。

今度はきっと暑くて合羽なんて着てられないだろうなぁと思うので(でも持って行きます)、UVカット素材の長袖を着ていかなきゃと思ってます。あとクーラーボックス。
申し込んだのは地元の社会福祉協議会とボランティア団体?(ロータリークラブ)が企画してる弾丸ツアー。埼玉北部を金曜日の夜11時に出発し、土曜日に作業して夕方現地を出発。なんと土曜日中に帰ってくるというツア~。実家でぐったりしよう…。参加費が安いのが魅力です。

これは市内在住者または実家がある人が対象のようなので色んな人が参加出来るツアーじゃないけど、全国で今募集中の被災地ボランティアツアーはこちらで分かるようです。
★助け合いジャパン http://tasukeaijapan.jp/?page_id=3813

お金がないよーという学生の方(私もか!苦笑)は、自分の住む市や町の社会福祉協議会がツアー企画してないかチェックしてみてください。無料のこともあるし、そうでなくてもすごく安いです。(ボランティア保険1000円が別途かかるかもしれないから要確認)

前回行った陸前高田のその後の様子をちょっと前にTVで見ましたが「一日400人のボランティアが足りない」とのことでした。そりゃそうだよ、見晴らしの良い田んぼで作業してて周りにボランティアの姿が見えないんだもの。被災地の範囲は広いから、他の震災時よりもよっぽど多くの人の手が必要なんです。普段ボランティアに行かない人、初心者が行かなきゃ、そりゃ足りないわけですよ。

*写真は浜離宮。
[PR]
by orangewords | 2011-07-08 19:11 | ぼそっと | Comments(2)
ボランティア不足してます!
d0165298_11403642.jpg

震災ボランティアの記事がつづいてしまうが、今しか書けないので連続投稿します。
初めて被災地へボランティア作業に行ってみて、一番の衝撃がボランティア不足だったと思う。大分片付いてるところもあるのかどうかは知らないけど私の行った場所はまだまだTVで観る風景と変らない。もっとボランティアに行って欲しい!当初、色んなところのニュースで「ボランティアが殺到してVCが対応し切れてない」という記事を読んだけど、決して「ボランティアに行かない方が良い」わけじゃないです。ボランティア行きましょう!
なるべくVCの手を煩わせることなくスムーズに作業出来るようにして行けば良いだけだと思うんです。それに当初と違って徐々に無駄のないようになってきてると思います。
場所でいうととくに自分が実際行ったということもあって岩手県大槌町と陸前高田は足りてません。

行ってみて、ツアー参加はすごく効率が良いと思いました。(プッシュが回し者なみ…苦笑)先日見た毎日新聞には<ボランティアに行くには>コーナーがあって、ネット記事にもなっていたのでリンクします。これを見ると今は基本要予約になっています。場所によっては「3日前までに」など予約期限もあるようです。団体が良いというVCと、個人でも最低2人以上で・5人以上でというVCもあり、さらに福島県など場所によっては車中泊・テント泊NGのところも。こういった情報はどんどん変っていくと思います。

こちらの<全社協 被災地支援・災害ボランティア情報 http://www.saigaivc.com/>の<VC設置情報(PDFファイル)>を見るとVCの最新情報が見られます。電話で色々確認する前に出来る限りネットで情報収集したほうがVCも手間が省けて良いと思います。VCによってはスタッフがほんっとーに少ないんですよ~。(VCのスタッフはどこかの県か市から派遣されていた公務員が多いようです。一週間交代なのだそう)

★以下ボランティアツアーを申し込めるサイトなどです
 基本お金がかかります。「ボランティアなのにお金を払うなんて!お土産買うなんて!」というひともいそうですが、需要と供給も合っているし、義援金とボランティアがセットになっていると思うといいかも。どのみち自分で行くにも人によっては車・新幹線代、ガソリン代、食事代など色々お金と準備に時間かかるし長時間運転するという労力も必要。それらをお金で買っていると思うと良いです。駐車場も大型バスのが人数に対して省スペースなのも被災地にとっては良い所だと思う。

●地球の歩き方 http://www.arukikata.co.jp/volunteer/kokunai/higashi-nihon201106.html
 申し込み方法が分かりやすいし、持参するものが必要最低限なのでストレスなく参加出来ます。

●トップツアー http://toptour.jp/sit/tohoku_volunteer/index.html
 色んなタイプのツアーが充実してます。雨天で作業の中止のときは観光することもあるらしい。
 よく見たら持ち物に「スコップ」とあるけどFAQを見たら「不要な場合もある」とのこと。そろそろ不要な場合のが多いかもしれないので確認してみたほうが良いかもです。私は持参不要でした。

●近畿日本ツーリスト http://ecc.knt.co.jp/tyoec/fukko/
 義援金の支給の遅れうんぬんに嫌気がさしている方へ…観光して被災地へお金をさくっと落としましょう。ボランティアプラットホームというところに協力もしているみたいです。 http://b.volunteer-platform.org/vb/

●大手じゃなくても(県内など)のローカルな旅行会社もツアーどんどん企画してるのでチェックしてみましょう。

●その他自分の住んでいる場所、市や県の社会福祉協議会などでボランティアツアーを企画していたりするので一度確認してみると、思いのほか自宅の近くからボランティアに参加出来ることも。


観光とセットになったツアーもあるから、社員旅行にボランティアを組み込んだり、許される範囲で修学旅行に組み込んだりなど出来ないかなぁと思います。あとは企業が率先して新卒採用などの条件に「ボランティア3日間参加すること」とかにしちゃうとか。(職種によってはすごく良いと思うのだけど。公務員とかガテン系の職とかはとくに。)

*写真はボランティアツアーで宿泊した花巻温泉にある<渡り温泉>の売店で購入した<はなの詩>というお菓子。ずんだ餡のはさまった合わせ焼き。この手の合わせ焼きは間違いないですな!美味しかったです。
[PR]
by orangewords | 2011-06-12 11:40 | ぼそっと | Comments(2)
東関東大震災から3ヶ月
d0165298_18344467.jpg

あっという間に3ヶ月経った。季節も変わって暑い日が増えて来た。
ネットを覗くと「3ヶ月でこんなにがんばった」と海外の人が驚く記事も目にしたり、そして確かに工事のひとたちの力はすごい!のひと言に尽きる。でも被災した範囲が果てしなく広すぎてまだまだの場所もある。

GW後〜夏休み前はボランティアが減るので、その時期に被災地へボランティアに行くことに決めて、先日行って来た。
私の仕事はフリーランスみたいなものだし、ある程度自分でスケジュール管理すれば時間もとれる。子育てもない。
唯一の心配は体力。日頃通勤もないほど運動不足で、デスクワークが多いし、乗り物酔いもするし…。

「大変だよ、足手まといになるよ」という意見や気持ちもあったのだけど、色々考えてやっぱり行ってみて実際やってみない限り「どのくらい大変か?私は行かないほうがマシか?」に答えは出ないと思ったのでした。

●地球の歩き方/ボランティアツアー
http://www.arukikata.co.jp/volunteer/kokunai/higashi-nihon.html
なかなか人気なのでとりあえず新しくツアー日程が出たり、キャンセルが出たときにメールを送ってもらえるように登録しました。それでツアーにすぐ申し込み出来ました。
準備することや実際の様子が掲載されていて参考になります。ひとり参加の女性が多いという情報も背中を押してくれました。

●トップツアー/ボランティアツアー
http://toptour.jp/sit/tohoku_volunteer/index.html
実は<地球の歩き方>は申し込み窓口をお手伝いしていて、中身はトップツアーの被災地ボランティアツアーだったのでした。(共同企画っていうのがそれかな?)でもトップツアーはサイトが分かりにくいー!ページの下のほうに募集中のツアー一覧があります。平日のツアーや、観光付きツアーもあって実は色んなツアーを用意してたんだなぁ。知らんかったー。地球の歩き方が頑張ってくれていて助かりますが、メディアはもっとトップツアーさんもクローズアップしてください〜!

添乗員さんいわく、ボランティアをやり慣れてる人は個人で被災地に行ってる人が多いので、ツアーでは初心者向けの想定をしているとのこと。確かにVCで自分たちで受付する必要なく、何をどうするかも指示をもらえるし、作業中の休憩も管理してくれる。尚かつ添乗員さんも一緒に作業してる!作業内容こそ瓦礫撤去がメインで労働だったけど、運動不足や初心者でも人数が集まればなんとかなるような作業ばかり。
まぁ猛者の何倍か人数がいるとは思うけど、人数さえ集まればその分作業が進みます。やらないよりはやったほうが進むんです。

都会のひとたち、今年はジムへ行くよりも瓦礫撤去してきませんか?
またボランティアツアーに懐疑的な方たちも、一度参加してみてから考えてみませんか?

*写真は我が家のゴーヤーどの。J-WAVEのでもらった種から育てて、やっとここまで育ちました。グリーンカーテン、夏に間に合うか!?(実際は隣に1つ苗を植えてあって、そちらは大分ニョロニョロしてきました)
[PR]
by orangewords | 2011-06-11 18:36 | ぼそっと | Comments(0)
被災地ボランティアツアー・体験3
d0165298_15493318.jpg


トップツアーの被災地ボランティアツアー・作業3日目は作業初日と同じく大槌町へ。バスを降りると慣れたのか、初日に比べて異臭が減った気がしました。そして初日に私たちが集めた瓦礫を重機がトラックに積み込んでいて、見ていてちょっとお役に立てたかなぁと嬉しくなりました。

大槌町ではツアーはやっぱり3チームに分かれました。(1)川の中の瓦礫撤去(2)民家の庭の片付け(3)川の上流付近のヘドロ出し で、私は(3)を行いました。夕べ焼酎をご馳走になった元気なS隊長が率いてくれてます。(宮守の道の駅で買ったということだったので地元産を買って支援だね!と思ったのですが、大分産でした…笑。確かに地元の人のスーパーみたいにもなってたっけ~)

More
[PR]
by orangewords | 2011-06-06 23:49 | ぼそっと | Comments(0)
被災地ボランティアツアー・体験2
d0165298_1522172.jpg

トップツアーの被災地ボランティアツアー・作業2日目は陸前高田へ。途中、地元の木を使った仮設住宅を自主的に建てたという住田町を通って行きました。こういう話はやっぱり気持ちがいいです。
陸前高田のVCはいつの間にか到着したのでどこにあったのか帰宅してから地図を見ても分からなかったのですが、大槌町と比べて周りに何もないところにプレハブを建ててあり、でもスタッフもボランティアもいっぱいいて賑わっていました。

この日の作業は全員で田んぼの瓦礫撤去作業。バスに道具を積み込んで少し高台まで移動します。道すがら海のようになった人気のない市街地を通り、復興シンボルの一本松も見えました。

本日の作業場はちょっと高台。道路が通る斜面の山側に依頼主の住む家があり、道路の谷側に段々の田んぼがありました。そのうち人数と時間に見合った大きさと瓦礫量の田んぼを選び、そこをとにかく集中して作業しました。作業は一カ所集中が鉄則です。

More
[PR]
by orangewords | 2011-06-05 23:41 | ぼそっと | Comments(0)
被災地ボランティアツアー・体験1
d0165298_2343592.jpg

バス酔いと、一人参加の緊張と不安を抱えながらボランティア参加してきました。

金曜日の夜9時半に新宿の集合場所からバスに乗りました。今回はバス2台(約40人×2台)で被災地へ。バスの座席は指定されていました。
<地球の歩き方>のサイトからツアーの申し込みをしたため、ずっと企画も<地球の…>かと思っていたのですがバスで添乗員さんが挨拶されて初めて<トップツアー>さん企画だと分かりました!<地球の…>は申し込み窓口をお手伝いしてくれていたみたいです。もっとがんばっぺし!トップツアー!(ちゃんとブログで宣伝しましたよ…添乗員Sさん)サイトはがんばってるけどやっぱり内部の企画書みたいで見づらい…これ携帯じゃ見られない人いるよ…ひと肌脱ごうかと思うくらいです…

ツアーが向かう先は大槌町と陸前高田でした。バス2台で出発した私たちですが、バスはお互い別行動で宿泊先も(すぐ近くだけど)違います。私のいたバスは作業初日は大槌町、2日目は陸前高田、3日目は再び大槌町へ行きました。もう一台のバスはそれと入れ替わるようなスケジュールでした。
新宿を出発して最初の作業場所・大槌町へ行くまでに3度の休憩がありました。3度目前沢サービスエリアでは持参した朝食を食べて合羽に着替えました。
花巻から海方面へ向かい、釜石の街中を通りTVで観た風景を実物大で感じつつ、大槌町へ。大槌のボランティアセンター(VC)はJAのある敷地の一角。ここで日付と地名の書かれたワッペンをもらい服に貼ります。VCには仮設トイレが設置されていて、更にここには薬局まであったので飲み物等も手に入るようになっていました。

More
[PR]
by orangewords | 2011-06-04 23:49 | ぼそっと | Comments(0)
被災地ボランティアツアー・準備3
d0165298_22384584.jpg

汚す為の靴と長靴を新調。新品なんてなんか変だけど…。持ってた靴と長靴は汚したくなかったので仕方なし。長靴は丈がなるべく高くて、気休め程度だけど口を絞れるやつにしました。釘踏み抜き差し防止インソールが足のサイズより1サイズ大きかったので、長靴も1サイズ大きく。でも靴下も履くし、中敷が厚くなった分、1サイズ大きくても丁度良さそうです。靴も長靴も使い捨て覚悟だったので安いのを購入したけど、靴底が滑りにくそうなのを選びました。

ボランティアツアーの申し込みが出来た人にはツアースタッフの方から随時、実際このツアーに参加した方から<絆のたすき>という「コレがあったら良かったリスト」みたいなのが届きます。それを確認してそれ全部を叶えるのは荷物が多くなって大変なので自分なりに考えていくつか参考にしました。その中で私は作業後に持ち物に匂いが着くらしいのでリセッシュを持って行きました。

私が参加するツアーは岩手県の大槌町・陸前高田・大船渡のうちのどれか2カ所に行くことが決まっていました。宮沢賢治に縁のある岩手県のお手伝いが出来るのはちょっと嬉しい…て変でしょうか?


実際にボランティア行ってみて自分にも出来そうと思えたら、地元の埼玉県から出発する週末のみの弾丸ツアーにも参加してみようかと思ってたんですが、6月出発分が結局更新されませんでした。5月で終了しちゃうのかな?毎週末くらい出発してたし安かった(無料だったかなぁ~?)ので良さそうだったのですが。
そんな中<地球の歩き方>では現地の方たちに直接お金を落としたい要望が多く、平日に観光付きコースも計画中だそう。ボランティアは平日のが人が少なさそうだから平日プラン良いですよね。

*写真はベビーリーフの芽。ゴーヤーの種を植えたついでに家にあったけどずっと撒いてなかったのだけど、ようやく…。
[PR]
by orangewords | 2011-06-01 22:38 | ぼそっと | Comments(0)
被災地ボランティアツアー・準備2
d0165298_026798.jpg
月曜日に破傷風予防接種受けてきました。受ける前にもう一度<地球の歩き方>サイトに載っていた被災地ボランティア用の破傷風予防接種について読んだら、「20~40歳代は一度」受けると書かれていて3度どころか2度も受けなくても良さそうです。予防接種当日お医者さんに確認したところやっぱり「1度でとりあえずOK、2度したら完璧」とのことでした。1度するだけでも効力が更新されるようです。2度目を打つとしたら3週後~8週後の間にするのだそう。どうしようかな…めんどくさくなったら2度目はしないかも。

水曜日には工房展を見に来るついでに実家の母にリュックを持って来てもらいました。母は登山が趣味なので大きめリュックを持っていて、更にそれが手狭になったということでお茶の水に来たついでに新しい大きめのを買って帰りました。笑

そうこうしているうちに出発があと一週間後に迫りました。ちょっと緊張…
そして<地球の歩き方>から実際の流れがサイトにUPされたというメールが届きました。こんなかんじです。
やっぱり酔い止め持って行こう…緊張のほとんどは往き帰りのバスのことが原因かもしれない。でも周りのみんなも具合悪くなってるなら自責の念が軽減されて気が楽かもー…なんて。
被災地で大変だというのにボランティアセンターではボランティアへの気遣いがあるようで、この2ヶ月半、きっと無我夢中で毎日を駆け抜けてるんだな…。

*写真は現在<ザボハウス展>で展示中の作品アップ。
[PR]
by orangewords | 2011-05-27 00:27 | ぼそっと | Comments(2)
被災地ボランティアツアー・準備1
d0165298_304664.jpg

阪神・淡路大震災のときはまだ自分は子供だと思っていて、子供っていうのは未来の担い手で。でも今わたしはまさに担ってる立場なんだ、と今回の震災で少なからず自覚しました。
生活環境としても申し分なくて「ボランティアに行きたいけど、どうやって行こう?」とずっと考えてました。

More
[PR]
by orangewords | 2011-05-20 23:59 | ぼそっと | Comments(2)
ゴーヤを育ててみる
d0165298_018423.jpg

先日<TOKYO M.A.P.S>でもらったゴーヤの種を植えてみることにした。暑さ対策になったら良いけど、果たしてそこまで成長するかなぁ〜?
とはいえまずはやってみることに。

夫のジョンがホームセンターの園芸コーナーで店員さんに「ゴーヤをベランダで育てたい」と相談してプランターと培養土、鉢底石を選んでもらってきました。今朝ニュースで被災地の仮設住宅でも暑さ対策としてゴーヤの苗を植えてたけど、同じプランターでした。ゴーヤは20cmくらい深さが必要なんですってね。

もらった種はJ-WAVEのサイト見たら「一晩水にひたしてから植える」とあって、まずはその通りにしてみました。…でも芽がなかなか出ない。気にしたジョンがネット検索。どうやら植える前に種のとんがってるところをカットしてあげると芽が出やすいらしい。そして一晩じゃなく、芽が出始めるまで少量の水に浸しておくと良いらしい。

てことで早速そんなかんじにしてみました。2つ出てます!(写真参照)レーズンサンドのようです。
芽というか根だそうです。出て来たのだけ明日植えてみようと思います。ほんとは3つくらい植えてみて後で2つに間引きたいところなので、早くもう1つ根が出てくれるといいなぁ。
[PR]
by orangewords | 2011-05-18 00:20 | ぼそっと | Comments(0)